以前の記事 PBOC引締め(1)人民元相場の安定化 : 金利とセンチメントから資産価格を考えるブログ中国の米国債購入は再び増加している 我々は、中国が資金流出に苦しんでおり、外貨準備高を減らしながら(米国債を取り崩しながら)ドル売り人民元買い介入を続けているというイ ...


中国の米国債購入は再び増加している  我々は、中国が資金流出に苦しんでおり、外貨準備高を減らしながら(米国債を取り崩しながら)ドル売り人民元買い介入を続けているというイメージを長らく持ち続けてきた。今年年初から外貨準備高が3兆ドルをぎりぎり割らないところで ...


米国の足元の経済指標が基本的にいまいちであることに要注意。特に先週のCPIと住宅着工はそれぞれ大相場が終わったはずの米金利(とドル円)にとってクリティカルヒットとなった。久々に米国経済指標への注目度が高まっているように思える。 フィラデルフィア連銀景況感指 ...


 中国の重厚長大産業が好調である。2014~15年に一度は引き締められたインフラ投資と住宅投資が再開されたため、2016年は中国経済にとって申し分のない年となった。2016年4Qに至っては、6.7%だった公式発表が6.8%に加速すらしている。 李克強指数は+10%以上の伸び  6%台成 ...


 トランプ新大統領の経済政策は選挙キャンペーン中から一貫している。減税、インフラ投資、規制緩和、保護貿易である。当選後、投資家は身勝手に「減税、インフラ投資、規制緩和といったビジネスフレンドリーな政策は実行されるものの、保護貿易は口先だけで終わるだろう」 ...


この週末、安倍首相は対米第2位の貿易黒字国を代表して日米首脳会談に赴く。それに先立ちドル円は極めて重い展開が続いてきた。 一連の騒ぎを振り返ってみると、トランプ大統領は一貫して通商政策について熱い思い入れを持っていたものの、「ドルは高すぎる」と言い出して ...


国債買入れオペのスケジュール例(1/31会合のもの) -  YCCはマネタリーベース増加目標のような短期決戦型ではなく、2014〜16年のようなデフレ気味が続く限り、かなりの間にわたって市場から国債を枯渇させることなく緩和を継続することが可能である。代わりに、金利が大き ...


、日銀は政策決定会合をノーサプライズで終えた。日銀は現在、マネタリーベースを毎年80兆円増加、超過準備付利をマイナス10bp(0.1%)、長期(10年)金利を0%と、三つの誘導目標を設けている。そのうち、マネタリーベース増加目標を撤廃するという観測も一部であったが、そ ...


 2016年6月のBrexit以降、米国長期金利は上昇を続けており、その要因としては(一回利上げをはさんだものの)大半は期待インフレ率の上昇である。従って米金利の上昇による株価の圧迫懸念は杞憂に終わった。市場参加者の期待インフレ率を表わす主な指標は10年ブレークイーブ ...


 米金利で米ドルの値動きの5割を説明できるため、投資を考えるにあたって米金利を無視するのは得策ではない。特に、10年近くにわたる低金利時代が「金融から財政へ」の流れにより終わりを迎えており、米国を中心とする各国の金利は今後は資産価格を考える上でより主役になる ...


↑このページのトップヘ