森長官のよいしょ記事の後に、バランスを取るために長官が地銀に米国債をど底で損切りさせて業界全体から失笑を買った件に関連して、債券投資の話を書いてみようと思う。 ...


金融庁「森独裁」に「キンドル砲」炸裂首相官邸の覚えがめでたく異例の3期目に突入した金融庁の森信親長官――。菅義偉官房長官の「懐刀」として...  金融庁の内情を暴露し、森長官を批判しているという本がKindleで出版されていて、一部でざわめきを呼んだ。森長官の下で ...


 中国、特に北京のPM2.5は北京オリンピック以来の名物であり、日本も度々被害を受けてきたが、近年中国政府はPM2.5問題の改善に力を入れており、PM2.5は年々減少している。今年の冬は更に激減すると思われている。それ自体は素晴らしいことだ。 ...


 懐疑の目で見られていたトランプ大統領の税制改革がついに成立しそうだ。これは世界の経済政策が金融緩和競争から財政競争にシフトすることを象徴している。 ...


 夏からずっと注目しながらも需給とセンチメントの悪さから買いエントリーを先延ばしにしてきたJREITだが、11月末からの大反発でせっかくのチャンスを全て他人に攫われてしまった。「地銀の損切りが控えているから」という印象が強すぎて安値圏では全く動けなかった。他人の ...


 2017年中続いた中国当局の金融、不動産双方の引締めの結果、ついに重厚長大産業の活況さを表す李克強指数が低下に転じた。  ...


 南アフリカは一大イベントであった24日の格付け会社の見直しを無事に通過した。元より2社が一斉に格下げしたら世界債券インデックスから排除されるため世界中のインデックスファンドから100億ドルが引き上げられると見られていたが、2社同時は流石になくインデックスに残留 ...


 11/17に中国人民银行、銀監会、証監会、保監会、SAFEが連名で発表した声明文で、理財商品の元本保証を禁止し、元本保証行為には罰金を徴収すると宣言した。今まで銀行は富裕層を相手に理財商品という高利回りの投資商品を発行し、調達したお金を不動産などの企業への融資や ...


↑このページのトップヘ