Saudi Arabia's McKinsey reshuffleSaudi Arabians woke up over the weekend to a once-in-a-decade cabinet reshuffle. It may come as a surprise to many Saudis that the origin of this reshuffle-and indeed the Kingdom's new economic direction-finds its impetus ...


関連記事 賃料下落がJREIT投資家の心を揺さぶる : 金利とセンチメントから資産価格を考えるブログnull ...


 中東最大の専制独裁国家サウジアラビアから斜め上のニュースが続いている。カタールとの断交に続き、アラビアのバフェットと呼ばれ、シティグループの大株主であり、アラビアマネーの象徴だったアルワリード王子が、先日設立されたビン・サルマン王太子がトップを務める反 ...


新築オフィス賃料下落 東京3年ぶり、大量供給控えオフィスビル賃料の天井感が強まっている。日本経済新聞社のオフィスビル賃貸料調査によると、2017年下期の東京の新築ビル(築後1年未満)の賃料を示す指数は、下期では3期ぶりに前年同期を下回った。好業績の企業がオフ ...


武者陵司 「究極のポジティブサプライズ、"白いブラックスワン"の飛翔」 | 市況 - 株探ニュースブラックスワン(あり得ないと思われていることが実際に起きること)は、ダウンサイドのみにあるのではない。誰もが予想しないアップサイドが実際に起きることもあるはずである ...


 ここもとの全世界のインフレの伸び悩みが興味を引く話題となっており、デジタル化(オンラインストアによる価格の透明化)やグローバリゼーション(低賃金国家からの輸出)、高齢化など構造的な変化が裏にあるという議論が交わされてきた。筆者は長期的にはそれらの要因に ...


 世界中が注目する次期Fed議長人選で、テイラールールを提唱したことで有名なテイラー教授がトランプとの面接で好印象を残したという話から、テイラーリスクが浮上している。  テイラールールとは、インフレやGDPから機械的に政策金利を定めるやり方であり、上の図はWikip ...


野村証券に2審も賠償命令...信用取引で多額損害信用取引で多額の損害を被ったとして、静岡県内の40歳代の男性歯科医師が野村証券に約1億5000万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(小川秀樹裁判長)は25日、同社へ約5785万円の賠償を命じた1審 ...


 日本株のセンチメントが総楽観に近づくと、企業の現預金が動くという煽りが使われることが多いようだ。割高なところから煽るには「世の中が変わる」と言わないといけないらしい。 動くか100兆円の山 余剰資金銘柄に先回り買い上場企業がため込んだ約100兆円の現預金への ...


 日銀の異次元緩和の一環である株式買入れで20兆近く保有している日本株ETFを、いつどのような形で処分できるかが長らく心配されてきたが、とある大口個人投資家が本日「ETFを解体して、2〜3年程度保有されている企業が日銀から直接自社株買い出来るようする」とツイート ...


↑このページのトップヘ