nullnull  トランプ相場を通過して日銀のイールドカーブコントロール(YCC)運営がようやく安定化してきたところで、またしても日銀のテーパリングが取沙汰されている。 ...


関連記事 再びJREIT暴落が取り沙汰される : 金利とセンチメントから資産価格を考えるブログnull     JREIT ETFである1343で毎日下落とともに出来高が増えている。投信解約や個人の投げがいよいよ加速しているのか。 ...


【インサイト】襟を正す日本株式会社にはご褒美も、忍耐強く見守って年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)はここ3年余り、環境、社会的責任、企業統治(ESG)のスコアの高い日本企業株に投資してきた。7月の発表によると、GPIFは既に35兆円の日本株ポートフ ...


FX証拠金倍率の上限下げへ 金融庁検討、最大25倍から10倍に金融庁は外国為替証拠金取引(FX)の証拠金倍率(レバレッジ)を引き下げる検討に入った。現行の最大25倍から10倍程度に下げる案が有力。外国為替相場が急変動した際、個人投資家や金融機関が想定を超える損失 ...


 週末のカタルーニャ地方のスペインからの独立を巡る住民投票は参加率が4割の中で9割の賛成票を得たことから、独立宣言に向けた動きに注目が集まっている。スペイン警察による投票阻止のための投票所制圧や投票者への暴力が全世界に流れ、一時はリスクオフのきっかけになる ...


関連記事 JREITに投資妙味が出てきた : 金利とセンチメントから資産価格を考えるブログnull  7月の記事を書いた後JREITはすぐさま反騰したが、そこからは新規の買いが続かないなか投信の解約売りがチリのように降り積もっており、再び下落トレンドに復帰している。最近に ...


以前の関連記事 インド株はバブル : 金利とセンチメントから資産価格を考えるブログnull インフレ再燃でインド投資のリスクが上昇 : 金利とセンチメントから資産価格を考えるブログnull  インドのトリプル安が止まらない。先進国が全面的にリスクオンな中、インドが一人 ...


 ヘッドアンドショルダーは教科書に載っている天井パターンだが、先進国の株式指数では案外あまり見ない。一方、上海総合は調整の前に日足でヘッドアンドショルダーを作ってからストンと落ちるのが大好きである。 ...


↑このページのトップヘ