以前の関連記事 PBOC引締め(1)人民元相場の安定化 : 金利とセンチメントから資産価格を考えるブログnull PBOC引締め(2) チャイナショックを振り返る : 金利とセンチメントから資産価格を考えるブログnull PBOC引締め(3)インターバンク狙い撃ち : 金利とセンチメントか ...


(以前の記事)インド株はバブル : 金利とセンチメントから資産価格を考えるブログインドの株式指数が連日のように高値を更新しており、インドのNifty50は7月末時点で年初来23%と、各国指数の年初来パフォーマンスの中で香港に次ぐアジア2位、トルコ、ナイジェリア、アルゼン ...


 今週末の9月24日にはドイツ議会選挙が控えている。年初には、ここでマルティン・シュルツ率いる左翼政党SPDが旋風を引き起こし、政権交代でドイツが財政拡張に切り替え、南欧に対しての財政緊縮強要を緩和するという期待が一部で盛り上がっていた。しかし、蓋を開けてみる ...


以前の記事 PBOC引締め(1)人民元相場の安定化 : 金利とセンチメントから資産価格を考えるブログnull PBOC引締め(2) チャイナショックを振り返る : 金利とセンチメントから資産価格を考えるブログnull PBOC引締め(3)インターバンク狙い撃ち : 金利とセンチメントから資産価 ...


米金利と米中景況感の相関 : 金利とセンチメントから資産価格を考えるブログここもと米金利の急低下が話題になっている。米景気が全く問題なさそうであり、ISM製造業を始めとする諸指標と米金利の雰囲気が大きく乖離している。ここではISM製造業と米金利のどちらが先行指標で ...


 北朝鮮が全ての説得や圧力を跳ねのけて核戦力保有に突っ走る原動力について、TV番組でも金正恩はサダム・フセインやカダフィの轍を踏むのが怖いからという話を見るようになったので、まだ陰謀論の感がなくもないが三連休にこの二人について調べてみようと思う。1983年、国 ...


 ここもと米金利の急低下が話題になっている。米景気が全く問題なさそうであり、ISM製造業を始めとする諸指標と米金利の雰囲気が大きく乖離している。ここではISM製造業と米金利のどちらが先行指標であるかを調べてみた。  ...


以前の記事: 北朝鮮問題における米中のトラウマ (1) : 金利とセンチメントから資産価格を考えるブログ北朝鮮はICBMに続いて水爆実験にも成功し、完全に米中の二大国を翻弄した。ここで、米中ともにろくに動けなくなった理由となっているそれぞれのトラウマについて書いてみ ...


 北朝鮮はICBMに続いて水爆実験にも成功し、完全に米中の二大国を翻弄した。ここで、米中ともにろくに動けなくなった理由となっているそれぞれのトラウマについて書いてみようと思う。 ...


 怒涛のドル安で「これ以上ドル安になると米国のインフレが息を吹き返す」という意見もちらほらあって、そのような現象があるのかと思って調べてみた。データソースはBloomberg。 図は過去10年間の米国のPCEコア(前年比)とドルインデックス(前年比)。全体的に明らかにP ...


↑このページのトップヘ