怒涛のドル安で「これ以上ドル安になると米国のインフレが息を吹き返す」という意見もちらほらあって、そのような現象があるのかと思って調べてみた。データソースはBloomberg。 図は過去10年間の米国のPCEコア(前年比)とドルインデックス(前年比)。全体的に明らかにP ...


Fear & Greed Index - Investor Sentiment - CNNMoneyFear & Greed is CNNMoney's investor sentiment tool that comprises of 7 markets indicators. バフェットの格言  CNNMoneyが計算している恐怖強欲指数(Fear & Greed Index)が最近話題になっている。ブルベア指数は ...


 インドの株式指数が連日のように高値を更新しており、インドのNifty50は7月末時点で年初来23%と、各国指数の年初来パフォーマンスの中で香港に次ぐアジア2位、トルコ、ナイジェリア、アルゼンチン、香港に次ぐ世界5位である。しかし、インド株は好調な経済に支えられたもの ...


以前の記事 PBOC引締め(1)人民元相場の安定化 : 金利とセンチメントから資産価格を考えるブログ中国の米国債購入は再び増加している 我々は、中国が資金流出に苦しんでおり、外貨準備高を減らしながら(米国債を取り崩しながら)ドル売り人民元買い介入を続けているというイ ...


 北朝鮮が安定国家であることがわかると、米中がそれぞれ北朝鮮問題で慎重に動いてきたことも理解できる。北朝鮮は7/28の深夜にも「火星14号」の発射を行い、着々とICBMの高度と飛距離を伸ばしている。 そもそも北朝鮮がミサイル実験にこだわる理由  まず、北朝鮮が何がし ...


 我々のイメージとは裏腹に、北朝鮮の経済は西側諸国からの経済制裁にも関わらず極めて堅調である。 North Korea's Economy Is Growing at Its Fastest Pace Since 1999North Korea's economy grew in 2016 at the fastest pace since 1999, helped by a recovery from a dr ...


JREITの下落が佳境に  年明け以来一貫して売られてきたJREITだが、7月に入ってからの激しい投げ売りを経てようやく底打ちの兆しを見せている。JREITは2016年のマイナス金利導入で行き場がなくなった地銀資金が流入して高値をつけたと言われているが、その後円金利はマイナス ...


米国の景況感は2016年の通年ラリーの後、2017年前半から一貫して減速していたが、7月3日に発表されたISM製造業景況感指数は57.8と、サプライズで3年ぶりの高水準になった。これで米国の景況感に対する懸念は一気に後退し、金利上昇の継続を後押しした。 このように米国のI ...


長期金利が一時0.10%に上昇、約5カ月ぶりECBから始まるグローバル金利上昇トレンドが続いている。円金利は2月15日以来の10年金利+10bp載せを達成した。2年金利も2月の頃より20bp以上も上昇しており、米国が2回利上げする間に日本も1回利上げしたのに等しい。 前回の10bp載 ...


以前の記事 PBOC引締め(1)人民元相場の安定化 : 金利とセンチメントから資産価格を考えるブログ中国の米国債購入は再び増加している 我々は、中国が資金流出に苦しんでおり、外貨準備高を減らしながら(米国債を取り崩しながら)ドル売り人民元買い介入を続けているというイ ...


↑このページのトップヘ