Philly
 最もリスク要因であった中国ばかりを追いかけてきたが、米国の景況感も1ヶ月だけの落ち込みから反発している。先行指標として名高いフィラデルフィア連銀景況感指数は6月には大きな落ち込みを記録したが、7/20に発表された7月分は予想よりも良く、落ち込みから回復している
ISM Manu
 中国の諸指標の5月の落ち込みは米国の景況感に大した影響を与えない可能性が高くなっており、8/1に予定されている7月ISM製造業景況感指数も高値圏をキープする可能性が高い。


この記事は投資行動を推奨するものではありません。



コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット