TRY, ZAR
 金曜の夜から今朝にかけてトルコリラの急落が話題になったが、今日トルコリラになぜか連れられて下にワープし、一時今日のワーストパフォーマーになったのは南アフリカランドである。
 
 ニュース記事は「トルコ危機が他の新興国に波及」という書き方をしているが、トルコと南アには高金利以外、連想を働かせようもないくらい共通点がない。唯一考えられるのは、本邦のミセスワタナベがスワップ狙いでトルコリラと南アフリカランドに分散レバレッジ投資しており、その口座がトルコリラで損を出しすぎて口座ごとロスカットになったという解釈である。傷ついている人が他にどんなポジションを持っていそうか、という読み方も大事だ。

    通貨市場がクラッシュすると流動性が薄くなってくるので、業者は悪意があってもなくてもビッドオファーを広げることになる。レバレッジがかかるといつでもロスカットに持って行かれる可能性がある俎上の鯉である。