FullSizeRender
IMG_5269



    米株は更に続落した。「下はあっても200日線くらい」としていたが、注目が集まったせいもあってあっさり下に抜けてしまい、5月以来の200日線下抜けとなってしまった。「日本株など米株以外の市場は健全だが、割高な米株のクラッシュリスクが他の市場のリスク要因」などと先月に言ったら馬鹿にされていただろうが、そういう構図になりつつある。トランプがFedの利上げをエルドアンを笑えないくらい攻撃しているが、まさかそれで海外投資家が米国への不信を見せたわけではないだろうから、明白な悪材料はまだ出てきていない。なお米金利はリスクオフと弱いCPIでやや低下したとはいえ、基本的にトランプのFed攻撃を材料視していない。ハイイールド債は先立って反発している。イタリアの起債ラッシュは成功し、欧州からの暗いニュースは止まっている。

    日本株は謎に相対的に高寄りしてから急落。円建てで見ると米株よりややましだった。むしろ、昨日の日本時間の米株先物は更に弱かったので、それと比べると相当アウトパフォームしたと言える。引続きTOPIXは1670台がサポート。S&P 500は200日線を抜けてしまってサポートがない状態だが、抜けたからと言って下で慌てて切る場面でもないと思う。

    ドル円は陽線にこそならなかったものの、強烈なリスクオフ耐性を見せた。よほどのことがない限り111台は硬そうだ。

この記事は投資行動を推奨するものではありません。



コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット