BDI SPX
    図は鉄鉱石や石炭、穀物などを運ぶばら積み船市況の総合的な値動きを示すバルチック海運指数のチャートと約2ヶ月後のS&P 500のチャートである。2017年はほとんどお互いに興味がなかったが、2018年になってからは緑の枠が示すように、バルチック指数の大きな山、谷は2ヶ月後のS&P 500の山、谷を蒼ざめるほど見事に予想している。貿易は間違いなく2018年になってS&P 500の重要な話題となった。そして目を瞑ってルールに沿ってに売買するだけのS&P 500プレーヤーよりも実業関係者の方が遥かに景気や次の話題を正確に予想できていたということだろうか。

    直近のバルチック海運指数はというと、米中景気の急速な悪化を反映してか、S&P 500の足元のリバウンドを予想したように見える短いラリーの後に、つるべ落としのように暴落している。これまでの先行性が偶然の重なりであり、2018年年末に急に相関が解けた可能性もあるが、2018年中続いたバルチック指数の先行性を信じるならS&P 500は2月下旬から3月にかけて大暴落しそうに見える。完全におまじないの範疇だが、果たして。

この記事は投資行動を推奨するものではありません。



コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。