SPX DailySPX Weekly
 S&P 500について先週の記事では「リスクセンチメントも十分に回復済みというか、景況感も外部環境もグダグダな現状に対してV字回復織込みを先走りすぎではないかと思えるものの、今更突っ込んできたフローに逆らうのはあまり得策ではないように見える。週足サポートは引続き3065」としていたが、週足は小さな陰線になったもののサポートを試すにも至っていない。
 
IMG_6784
IMG_6787
 ポジショニングは一朝一夕で変わるものではない。 VIXの低位安定もあってクオンタメンタルな方々の過去最高値近辺でのブルポジション復元が続いているだろう。同時に先週話題になったのは米国株より日欧や新興国といった「出遅れたRoW」への資金流入であった。テクニカル的には動きの少ない一週間となったため特に変わるところはなく、引続き3065がサポート。レジスタンスはまだない。
IMG_6899
    カナリアは価格で見るとどうということはないが、米国ハイイールド債スプレッドは米株に付いていけていない。米株が割高化しているという示唆か。「株と違ってアップサイドがないキャリー物などいらない」という局面でもない気がするが果たして。

 ファンダメンタルズには米国GDPやPCEデフレーターといった予想を立てづらい指標が続く。そろそろISMも近付いて来た。最近諸連銀よりも頼りになる米国の製造業PMIはよかったが、欧州のPMIは回復しつつも期待ほどではないという展開となっており、ISMがどちらのパターンに近くなるかに注目。先月ディザスターを招いたシカゴPMIは勝手にV字回復がコンセンサスとされている。米議会の香港人権法案の早期通過が一時リスクオフを誘ったが、週末までには消化されている。香港の選挙も無事に通過してトランプがサインするかどうかがややどうでもよくなっている。米中貿易について12/15分の追加関税は実行されないという声が大半になったが、最後の最後まで予断を許さない。あとは年末のファンディング状況に注目というところだろうか。

関連記事

S&P 500は最高値でこそ長期投資を始める流れに
S&P 500は売りをこなしながら更に上値を試す
S&P 500は本当に新高値に売りなしに
S&P 500は万人の期待に反してサプライズ上抜けへ
S&P 500はやる気なくレンジ継続
S&P 500はレンジを信じた者を救う

S&P 500はISMで振り落としをかける
S&P 500はトランプ政権のせいですっかりクソゲーに 
S&P 500は7月高値を前に伸び悩む 
S&P 500は全ての懸念の壁を駆け上がる
そしてS&P 500はレンジ上限をブレイク
S&P 500は一気にレンジ下限が危うい形に
S&P 500は雨が降って地合い固まる
S&P 500はリスク非対称なレンジを作る
S&P 500は貿易戦争再開でどこまでクラッシュするか
S&P 500はひたすらクラッシュ雨乞い

S&P 500が利下げ織込みすぎから押すな押すなに
S&P 500が結局浮力に負けてしまうか
 
利下げサイクル開始でドル安に備える局面が近付くか
S&P 500が意外な粘り強さを見せる 
下抜けてもやはり煮え切らないS&P 500 

新高値に売りありS&P 500の煮え切らない調整

S&P 500の新高値に売りありの法則
 
Fedハト化でもS&P 500の勢いが止まる 
S&P 500が最後の関門を突破
S&P 500がH&S右肩近くまで一気呵成 
S&P 500の重要な水準が向こうからやって来る
S&P 500ここから上はさすがに前途多難
ようやく貿易戦争の悪影響の織り込みが終わる
 S&P 500のテクニカルの続き 
全てがかかっているS&P 500の右肩 
米株指数を純粋なテクニカルで見る

この記事は投資行動を推奨するものではありません。



コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット