SPX dailySPX Weekly
 先週の記事では新しいことをほとんど何も言っていなかった。S&P 500は引続きダラダラと上昇している。10月末に「目がくらむような高さではあるものの、これだけ白けた雰囲気で迎えるなら「新高値に売りなし」がワークしても仕方ないように思える。2018年以降「新高値に売りあり」などと茶化しながら逆張りビューで当ててきたが、「今回は違う」にベットする価値もあるように見える」としてからほとんど押し目もないまま1ヶ月間で実に120ポイントの上昇になった。

 一直線に上がってきたためテクニカルには依然大した示唆がない。せいぜい週足サポートの3065が残っているくらいだ。日足では一応11月中旬と同程度の調整を示唆しているように見えるが果たして。
VIX

IMG_6910
 ポジショニングは感謝祭もあって大して変わっていないだろう。VIXは11月初旬の記事では「VIXはS&P 500の過去最高値更新を受けて年初来の安値圏まで低下している。2018年まで遡ってもVIXショック以降10が下限となっていたためダウンサイドも限定的になっているが、もしこの水準での推移が続く場合、リスクパリティの買い戻しが発生する可能性もある」としていたが、実際その後恐らくリスクパリティをはじめとするシステマティック系機関投資家の買戻しのおかげで、ニュースフローさえなければ毎日上がるのが当たり前になってきた。

 同時にVIXの投機筋ネットショートポジションも2017年年末の大ブル相場を1割上回る幅まで積み上がっている。しかし、2017年のパターンでは底値を付けて反発を始めた後もしばらくS&P 500は上がり続け、2018年2月になってショートポジションがだいぶアンワインドされて初めてVIXショックが起きているため、VIXのショートポジションの積み上がり幅だけでショックを予想できる訳ではない。2018年2月、10月に続く第3次VIXショックはあるとしても米金利が急騰したところで起きるのだろう。
HSI
TOPIX
 香港のハンセン指数(上)は金曜に目立ったトリガーがないまま急落している。シクリカルに敏感なTOPIX(下)もショートカバーが一巡した後はS&P 500に付いて行ききれず週足で3本目の陰線、ついで上ヒゲ陰線となった。米株はどこまでこのあたりを完全に無視できるか。

 ファンダメンタルズ的にはやはりISM製造業がキーになる。先行する連銀指標は軒並み悪く、代わりにMarkit PMIが欧州や中国を追いかける形で改善している。サーベイは49.5と相当ハードルの高いV字回復を織り込んでいるが、これを実際の数字が上回るのは相当困難だろう。またISMに限らずV字回復は至るところで織り込まれているため、あまりここから乗っかりたくはない。米中貿易交渉は目立った進捗がないが、とりあえず12/15開始分の撤廃もだいぶ織り込まれているため上と同じである。ショートでカッコよく一攫千金を決めるほどではないしろ、リスクを外したとえS&P 500が青天井になっても見送って穏やかな年末を過ごしたいものである。

関連記事

S&P 500は高値圏でグダグダ
S&P 500は最高値でこそ長期投資を始める流れに
S&P 500は売りをこなしながら更に上値を試す
S&P 500は本当に新高値に売りなしに
S&P 500は万人の期待に反してサプライズ上抜けへ
S&P 500はやる気なくレンジ継続
S&P 500はレンジを信じた者を救う

S&P 500はISMで振り落としをかける
S&P 500はトランプ政権のせいですっかりクソゲーに 
S&P 500は7月高値を前に伸び悩む 
S&P 500は全ての懸念の壁を駆け上がる
そしてS&P 500はレンジ上限をブレイク
S&P 500は一気にレンジ下限が危うい形に
S&P 500は雨が降って地合い固まる
S&P 500はリスク非対称なレンジを作る
S&P 500は貿易戦争再開でどこまでクラッシュするか
S&P 500はひたすらクラッシュ雨乞い

S&P 500が利下げ織込みすぎから押すな押すなに
S&P 500が結局浮力に負けてしまうか
 
利下げサイクル開始でドル安に備える局面が近付くか
S&P 500が意外な粘り強さを見せる 
下抜けてもやはり煮え切らないS&P 500 

新高値に売りありS&P 500の煮え切らない調整

S&P 500の新高値に売りありの法則
 
Fedハト化でもS&P 500の勢いが止まる 
S&P 500が最後の関門を突破
S&P 500がH&S右肩近くまで一気呵成 
S&P 500の重要な水準が向こうからやって来る
S&P 500ここから上はさすがに前途多難
ようやく貿易戦争の悪影響の織り込みが終わる
 S&P 500のテクニカルの続き 
全てがかかっているS&P 500の右肩 
米株指数を純粋なテクニカルで見る

この記事は投資行動を推奨するものではありません。



コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット