SPX Daily
SPX Weekly
 前回の記事では「もうすぐクリスマスということもあってどちらかに大きく張るというよりかは引続き押し目待ちだろうか」とやる気のない結論で締めたが、クリスマス寸前まで粘ってリスクを取るが正解だったらしい。S&P 500はどんどんメルトアップしてしまっている。
 
IMG_7863
 メルトアップの背景はFedの流動性供給に尽きる。2018年から粛々と進められてきたQT (Quantitative Tightening、流動性引締め)はわずか3ヶ月で半戻しとなった。QTの間の株のリターンが悪かったかというとそうでもないので流動性を絶対視するのは危険だが、とにかくメルトアップの材料になっているのは間違いない。
MSCI PER
 バリュエーション的には、S&P 500ではないがMSCI USのフォワードPERは2017年年末以来の水準まで上昇してきた。溢れる流動性で(利上げが続いていた)2017年年末以上のバブルになる可能性もなくはないが、基本的にEPSが上を向いて来ない限りチキンレースの範疇ではないか。
SPY Volume
 テクニカルには先週と同じくレジスタンスがない。週足サポートは依然3065である。メルトアップに従ってS&P 500連動ETF "SPY"の出来高は急増している。これは激しいショートカバーが起きていることを示唆している。リセッションを恐れていたファンダメンタルやクオンタメンタルな機関投資家の次にショートもあぶり出されたとなると上昇の燃料はだんだん減ってくるが、一応新たにお金がどんどん入ってきている可能性も否定されない。
IMG_7905 
 先週末を待たずにSPYのショート建て玉は急減している。10月の上昇局面に建てられたショート玉は11月から急速に畳まれて昨年年末の暴落前の水準まで減っている。リスクパリティファンドもその間株エクスポージャーを増やし始めているようだ。
HYG
IMG_7806
 カナリアのハイイールド債のメルトアップは更にひどい。「引続きゴルディロックスと言う割りにはややオッズが悪化」しているとしていたが、これは先週に関しては完全に余計な心配だった。しかしトランプ大統領が大好きな株式指数はともかく、クレジットの過熱が長期間にわたって放置されるとは考えづらい。これ以上のメルトアップに付き合う必要は全くないように見える。

関連記事

S&P 500はユーフォリアか出尽くしか 
S&P 500は一瞬だけ調整を見せる 
S&P 500は外部環境を最後まで無視し切れるか
S&P 500は高値圏でグダグダ
S&P 500は最高値でこそ長期投資を始める流れに
S&P 500は売りをこなしながら更に上値を試す
S&P 500は本当に新高値に売りなしに
S&P 500は万人の期待に反してサプライズ上抜けへ
S&P 500はやる気なくレンジ継続
S&P 500はレンジを信じた者を救う

S&P 500はISMで振り落としをかける
S&P 500はトランプ政権のせいですっかりクソゲーに 
S&P 500は7月高値を前に伸び悩む 
S&P 500は全ての懸念の壁を駆け上がる
そしてS&P 500はレンジ上限をブレイク
S&P 500は一気にレンジ下限が危うい形に
S&P 500は雨が降って地合い固まる
S&P 500はリスク非対称なレンジを作る
S&P 500は貿易戦争再開でどこまでクラッシュするか
S&P 500はひたすらクラッシュ雨乞い

S&P 500が利下げ織込みすぎから押すな押すなに
S&P 500が結局浮力に負けてしまうか
 
利下げサイクル開始でドル安に備える局面が近付くか
S&P 500が意外な粘り強さを見せる 
下抜けてもやはり煮え切らないS&P 500 

新高値に売りありS&P 500の煮え切らない調整

S&P 500の新高値に売りありの法則
 
Fedハト化でもS&P 500の勢いが止まる 
S&P 500が最後の関門を突破
S&P 500がH&S右肩近くまで一気呵成 
S&P 500の重要な水準が向こうからやって来る
S&P 500ここから上はさすがに前途多難
ようやく貿易戦争の悪影響の織り込みが終わる
 S&P 500のテクニカルの続き 
全てがかかっているS&P 500の右肩 
米株指数を純粋なテクニカルで見る

この記事は投資行動を推奨するものではありません。



コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。