ENH1mnCWsAASYFy
SPX DailySPX Weekly
 S&P 500は年間で29%の指数上昇、31%のトータルリターンで2019年を終えたようだ。クリスマス〜年末の流動性が薄いとされる時間帯に差し掛かってもS&P 500のメルトアップが反転する気配がない。最終週はやや売られ気味で始まったがそれでも反発の勢いの方が大きい。2017年年末を彷彿させる展開となった。
 
IMG_8204
    2017年年末、2019年春の急回復場面に続いてレバレッジETFの出来高(vsショートETF)が急増しており、相場が盛り上がっていることを示す。

 2017年年末の強烈な上げは2018年のVIXショックに繋がったわけだが、その時との違いと言えばFedが当時は引締め中、今はBS再拡大中であるというところで、景況感は当時の方がよい。共通点はリスクパリティファンドのポジションが重くなりつつあるところである。これは筆者が「クオンタメンタルな機関投資家のポジションが軽い」と繰り返してきた秋の上昇相場とも異なる。今回ももし年始から米金利が急上昇した場合は2018年年初の再来もありそうだが、今のところ米金利は安定している。

 ここまで急上昇が続くとテクニカルはポジショニング対比で意味が薄くなってしまい、ただの押し目待ちになってしまう。
IMG_8196
IMG_8035
    バリュエーション的にはITバブルの時からはほど遠いが、2017年年末の手前までフォワードPERは上昇している。Fedのスタンスの当時との違いを考えると超えてもおかしくはないが、長い目で上値余地があるとしても腰を据えて長期投資するような割安さではなくなっていることは間違いない。慎重に押し目を探し続けるところから1年がスタートするか。とりあえず月初恒例のISM製造業からか。今回は連銀サーベイが弱めであり、世界中で米国だけ景況感の回復が遅れているというのが現状であるが、それを打破してくれるか、それとも相場参加者をまた現実に引きずり戻すか。

関連記事

S&P 500は年末を前にメルトアップ 
S&P 500はユーフォリアか出尽くしか 
S&P 500は一瞬だけ調整を見せる 
S&P 500は外部環境を最後まで無視し切れるか
S&P 500は高値圏でグダグダ
S&P 500は最高値でこそ長期投資を始める流れに
S&P 500は売りをこなしながら更に上値を試す
S&P 500は本当に新高値に売りなしに
S&P 500は万人の期待に反してサプライズ上抜けへ
S&P 500はやる気なくレンジ継続
S&P 500はレンジを信じた者を救う

S&P 500はISMで振り落としをかける
S&P 500はトランプ政権のせいですっかりクソゲーに 
S&P 500は7月高値を前に伸び悩む 
S&P 500は全ての懸念の壁を駆け上がる
そしてS&P 500はレンジ上限をブレイク
S&P 500は一気にレンジ下限が危うい形に
S&P 500は雨が降って地合い固まる
S&P 500はリスク非対称なレンジを作る
S&P 500は貿易戦争再開でどこまでクラッシュするか
S&P 500はひたすらクラッシュ雨乞い

S&P 500が利下げ織込みすぎから押すな押すなに
S&P 500が結局浮力に負けてしまうか
 
利下げサイクル開始でドル安に備える局面が近付くか
S&P 500が意外な粘り強さを見せる 
下抜けてもやはり煮え切らないS&P 500 

新高値に売りありS&P 500の煮え切らない調整

S&P 500の新高値に売りありの法則
 
Fedハト化でもS&P 500の勢いが止まる 
S&P 500が最後の関門を突破
S&P 500がH&S右肩近くまで一気呵成 
S&P 500の重要な水準が向こうからやって来る
S&P 500ここから上はさすがに前途多難
ようやく貿易戦争の悪影響の織り込みが終わる
 S&P 500のテクニカルの続き 
全てがかかっているS&P 500の右肩 
米株指数を純粋なテクニカルで見る

この記事は投資行動を推奨するものではありません。



コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。