SPX Daily
SPX 5days
 年末からS&P 500のメルトアップが続いている。1/15には米中貿易協議のフェーズ1が無事に締結された。今更目新しいグッドニュースでもなかったし、むしろ一部の人々には不満が残る内容であったが、当然そんなものは関係ない。不確実性がなくなったことが大事である。大々的な関税撤廃もなかったが、中国政府が言い訳のために考えた用語「関税が引上げ局面から引下げ局面へ」は案外本質を捉えており、クオンタメンタルな判断を吹き飛ばすような不確実性はこれでなくなる。「どれくらい引下げるか」や「フェーズ2」についての期待が上下してももはや瑣末な問題である。実際、先週後半の指数には毎日引け決めで発注する、最も足が遅そうな投資家が目を瞑って投げ込んでいる形跡が観測された。スマート指数の考え方に基づくと彼らこそがスマートなのだが

EOkxrXdX4AAGmpo
 テクニカルは引続きただの強いトレンド継続しか示唆していない。200SMAからの乖離は2017年年末以来の大きさ、つまり2017年年末以来の激しい一方的な上昇となった。あらゆる意味で2017年年末に似てきた。
EOogA5mWAAAOtgn
 バリュエーション的には当然高い。年初の記事では「2017年年末の手前までフォワードPERは上昇している。Fedのスタンスの当時との違いを考えると超えてもおかしくはないが、長い目で上値余地があるとしても腰を据えて長期投資するような割安さではなくなっていることは間違いない」としていたが、実際に安定した低金利を手掛かりにフォワードPERは2017年年末の水準を超えた。長い目どころか短い目で見ても上値余地があった訳だ。

 980x-1-1.png
 実際、PERの逆数である益利回りと10年金利の差で見ると2017年年末〜2018年年初よりはまだまだ残っている。もっとも絶対的には低いので単に「全てがバブル」という話でしかないという見方もできるだろう。これがイエレン時代ならFed関係者から「株が高い」「クレジットは過熱」などと言われていただろうが、「Fedが気にしないバブル」がどうなるかは見ものである。
VIX
 ポジショニング的には、前回の記事でDBから拝借した通りシステマティック勢のポジショニングはこれまた2018年初頭並みにパンパンである。しかし、ボラティリティが低迷する中でリスクを取らざるを得ない引け値勢がシステマティック勢の後に入ってくるとなるといつでも彼らにポジションを渡せるので、ポジショニングがやや健全になってしまう。前回の記事では「2017年年末ではメルトアップの後に金利が上昇してリスクパリティ爆弾が落ちてきたのだが、今回は金利も動かない」「金利上昇の他に一応VIXが20台まで上昇してもリスクパリティ爆弾が落ちてきそうだが、戦争ですらその水準の達成が難しそうだ」としてきた通りである。システマティック勢がパンパンだから直ちにクラッシュするというより、ただ単に焼け野原になってしばらく低迷するという形になるかもしれない。いずれにしても、この水準から飛び乗ると遠からぬうちにまた飛び降りることになりそうであるので、押し目買いをしては細々と引っ張るくらいしかできることがない。

関連記事

S&P 500は引続き座して押し目待ち
新年のS&P 500
S&P 500は年末を前にメルトアップ 
S&P 500はユーフォリアか出尽くしか 
S&P 500は一瞬だけ調整を見せる 
S&P 500は外部環境を最後まで無視し切れるか
S&P 500は高値圏でグダグダ
S&P 500は最高値でこそ長期投資を始める流れに
S&P 500は売りをこなしながら更に上値を試す
S&P 500は本当に新高値に売りなしに
S&P 500は万人の期待に反してサプライズ上抜けへ
S&P 500はやる気なくレンジ継続
S&P 500はレンジを信じた者を救う

S&P 500はISMで振り落としをかける
S&P 500はトランプ政権のせいですっかりクソゲーに 
S&P 500は7月高値を前に伸び悩む 
S&P 500は全ての懸念の壁を駆け上がる
そしてS&P 500はレンジ上限をブレイク
S&P 500は一気にレンジ下限が危うい形に
S&P 500は雨が降って地合い固まる
S&P 500はリスク非対称なレンジを作る
S&P 500は貿易戦争再開でどこまでクラッシュするか
S&P 500はひたすらクラッシュ雨乞い

S&P 500が利下げ織込みすぎから押すな押すなに
S&P 500が結局浮力に負けてしまうか
 
利下げサイクル開始でドル安に備える局面が近付くか
S&P 500が意外な粘り強さを見せる 
下抜けてもやはり煮え切らないS&P 500 

新高値に売りありS&P 500の煮え切らない調整

S&P 500の新高値に売りありの法則
 
Fedハト化でもS&P 500の勢いが止まる 
S&P 500が最後の関門を突破
S&P 500がH&S右肩近くまで一気呵成 
S&P 500の重要な水準が向こうからやって来る
S&P 500ここから上はさすがに前途多難
ようやく貿易戦争の悪影響の織り込みが終わる
 S&P 500のテクニカルの続き 
全てがかかっているS&P 500の右肩 
米株指数を純粋なテクニカルで見る

この記事は投資行動を推奨するものではありません。



コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。