SPX DailySPX Weekly
 前回の記事で「今回の調整は10月以降の全てのそれよりやや大規模なものになる可能性」と記した通り、S&P 500は「先週までの感覚でどうせバブルになるので少しでも押したら買い」という参加者を轢き殺しながらガツガツ下げた。「コロナウィルスのヘッドラインを追いかけるよりも、もしもう一つの隠れていた下げ要因が世に出てきた時に心を折られないように備えることの方が重要そうだ」としていた通り、FedのIOER引上げによるQE期待後退とシカゴPMIもやってきた。Amazonの決算がよかったにもかかわらず指数が上がらなかったから相場は相当重い。
 
 週足で見ると2本目の上ヒゲ陰線であり、3300はレジスタンスとなる。従って何かの拍子で3300に近付いた場合はとりあえず外しどころとなる。下値余地の方は、前回の記事から変わらずせいぜい3100という見方は維持する。
IMG_8811
IMG_8788
 ポジショニング。パブロフの犬に釣られた他の投資家もポジションがパンパンである。BoAのFMサーベイによるとファンドマネージャー達のキャッシュ保有は6年ぶりの低さである。下に突っ走れば走るほど怒られと損切りが発生する態勢ではあり、それが相場の雰囲気の重さに繋がっている。
CVIX
IMG_8846
  VIXは当然上昇しているが、まだまだリスクパリティファンドを突き崩す22ポイントまでは来ていない。国債のヘッジ機能もまだまだ生きている。朝起きてVIXが22を超えたら押し目買いの前に一呼吸置くべきだという見方は維持するが、今のところ首の皮は繋がっている。

 特効薬ネタに釣られようとは思わないが、コロナウィルスネタはもう少しで賞味期限切れを迎えると思う。結局退治のために1Q程度のGDPが犠牲になるだけで、実害そのものはその辺のインフルよりも小さい。シカゴPMIはそれまでの諸連銀サーベイの回復を打ち消すような悪さであったがこれは明らかにボーイング効果であり、同じくボーイング効果が激しいと分かっている月初発表のISM製造業に引続き注目である。上海株がちゃんと月曜から取引再開されるのは個人的にはやや驚きであったが、何かしらの介入策でぶち上がってリスクオンの小陽春がやってきた場合は売り場になりそう。ただサプライズをぶつけて指数を売り崩す場面は過ぎており、ここから戻り売りならともかく、下を売ってもヘッドラインに殺される確率の方が高い気がする。本ブログの予想通りに先週の押し目買いを見送った参加者であれば、下がりきったところで押し目買いを狙う場面ではないか。米ドルの流動性は依然じゃぶじゃぶであり、そもそもアジア株や日本株がボコボコな中、米株は雰囲気ほど下がっていない。
EMv7_mZU4AAsZoA
 ただアップサイドの方もコロナウィルスとQE期待剥落で一時期のように青天井を期待できるわけではなくなったため、落ちるナイフを掴んだら色気を出さずに回転した方が安全ではある。図はS&P 500のシーズナリティであるが、概ねシーズナリティ通りになるのではないかというイメージである。

関連記事

S&P 500は10月以来の調整入り
S&P 500は引続きメルトアップ
S&P 500は引続き座して押し目待ち
新年のS&P 500
S&P 500は年末を前にメルトアップ 
S&P 500はユーフォリアか出尽くしか 
S&P 500は一瞬だけ調整を見せる 
S&P 500は外部環境を最後まで無視し切れるか
S&P 500は高値圏でグダグダ
S&P 500は最高値でこそ長期投資を始める流れに
S&P 500は売りをこなしながら更に上値を試す
S&P 500は本当に新高値に売りなしに
S&P 500は万人の期待に反してサプライズ上抜けへ
S&P 500はやる気なくレンジ継続
S&P 500はレンジを信じた者を救う

S&P 500はISMで振り落としをかける
S&P 500はトランプ政権のせいですっかりクソゲーに 
S&P 500は7月高値を前に伸び悩む 
S&P 500は全ての懸念の壁を駆け上がる
そしてS&P 500はレンジ上限をブレイク
S&P 500は一気にレンジ下限が危うい形に
S&P 500は雨が降って地合い固まる
S&P 500はリスク非対称なレンジを作る
S&P 500は貿易戦争再開でどこまでクラッシュするか
S&P 500はひたすらクラッシュ雨乞い

S&P 500が利下げ織込みすぎから押すな押すなに
S&P 500が結局浮力に負けてしまうか
 
利下げサイクル開始でドル安に備える局面が近付くか
S&P 500が意外な粘り強さを見せる 
下抜けてもやはり煮え切らないS&P 500 

新高値に売りありS&P 500の煮え切らない調整

S&P 500の新高値に売りありの法則
 
Fedハト化でもS&P 500の勢いが止まる 
S&P 500が最後の関門を突破
S&P 500がH&S右肩近くまで一気呵成 
S&P 500の重要な水準が向こうからやって来る
S&P 500ここから上はさすがに前途多難
ようやく貿易戦争の悪影響の織り込みが終わる
 S&P 500のテクニカルの続き 
全てがかかっているS&P 500の右肩 
米株指数を純粋なテクニカルで見る 

この記事は投資行動を推奨するものではありません。



コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット