IMG_0674
SPX DailySPX Weekly
 先週のS&P 500は2800台はしばらく重かったが、2700半ばまでの二度の調整を経てついに2850を突破して2875まで付けた。本ブログでは2850レジスタンスと共に2640, 2450とサポートを並べ、更に「荒削りな値動きは段々収束に向かう可能性が高い」「VIX的には再び暴落に転ずる可能性は低下しつつつある。下げに転じても底割れというよりは買い場になりそうだ」まで辿り着いたのに肝心な想定レンジは2450 -2850と広いままであった。結局チャートは2640を再びタッチすることすらなく、2640 -2850でも消極的すぎるくらいであった。

IMG_0657
 筆者は米株の決算を懸念したが、実際には無事に通過するケースの方が多かった。TSMCの強気決算はむしろブル転のきっかけになった。先進国は依然ロックダウンの早期打開を探っている。中国のように目立った第二波がないまま経済活動が回復すればグッドニュースが続く(それでも中国はL字回復だが)し、もし性急な経済活動再開により第二波が来た場合は二番底がやって来そうだ。
EVjbVLKU4AAAX7l
 バンカメのFMサーベイによると、V字回復を期待する参加者は15%にすぎず、期待はゆっくりなU字回復にならされつつある。という中で買いは決算が怖いが売りも出尽くしの買い戻しが怖い、というのが先週であった。
IMG_0609
 
 またU字回復期待の浸透に伴ってのことか、キャッシュをオーバーウェイトにしているFMの割合もチャイナショックや貿易戦争ショックを上回りリーマンショックに迫る水準まで上昇している。
IMG_0680
 現金保有だけでなく、SPYのショート建玉も2016年以来の高水準となっている。ショートはいずれ買い戻されなければいけない。
EVzP_oBWoAEaGam
AMN
 経済活動停止の悪影響を受けなさそうな、むしろ巣ごもり消費の恩恵を受けそうな巨大テックが再び相場をリードした。一時は原油の協調減産観測と共に売られたセクターほど戻りを試す局面もあったが、結局原油が駄々下がりになる中で再びナスダック優位に戻ってきている。これは「なんとなくの全体的な反発はここまでで、ここからリスクを取っていくには確たる材料と安全性がほしい」という解釈もできるし、ただのセクター選別した上でのアニマルスピリットの回復と解釈することもできそう。

 なおFedの社債買入れプログラムは「株対比の社債の元々の割安さが修正されるだけで終わる可能性も残る」としていたが、確かに社債は株よりしっかりラリーしているが、少なくとも原油安からリスクオフへの連動を断ち切ったようであり、過小評価したのは間違いであった。

  チャート的には、週足は下ヒゲ陽線となり、2700台への押しは押し目で終わった。2640に加えて2720も週足サポートとなる。一方、ネックライン2850突破は週足200SMAの2640突破ほどの深い意味は持っていないと見られ、2850を足掛かりにヘッドアンドショルダーの否定を図っていくことになっても右肩の3100は相当遠いし、2850から3100にかけての右肩ゾーンは引続きコロナショック後に経済が完全に元には戻らないを予想する参加者の外しどころとなる。2720 -3000あたりが新レンジとなるか。先週も「どちら方向でも利が乗ったポジションを長く引っ張る価値は薄そう」としていたように、2〜3%程度の押しを見てより深い押しを期待するのが間違いであったし、金曜まで2850レジスタンスもしっかり機能し2800台は重かった。2850レジスタンスは消えたためもう少し上値を期待できるものの、今週もどこまで2720に近い水準で押し目を拾って高めの水準で回転できるかが問われるか。
IMG_0675
 バリュエーション的にはEPSの切り下がりもあってフォワードPERがギャグのような高値圏への全戻しを見せている。何回も動かしたくなかったり、いざという時に逃げ足が遅い指数の長期投資ならここからのアニマルスピリット比べに参加しなくても許されるだろう。

関連記事

S&P 500は既に十分な戻り幅を実現 
S&P 500がようやくあまり動かなくなる 
S&P 500は無制限QEに押し流される 
S&P 500は流動性枯渇との戦い
S&P 500はVIXが50を超えるニューノーマルへ 
S&P 500の持込み可試験はそろそろ終わる 
S&P 500は教科書二冊持ち込み可の試験 
S&P 500は再び天井サインが点灯
S&P 500は新高値に釣られず様子見 
S&P 500のバーゲンセールを期待
S&P 500は10月以来の調整入り
S&P 500は引続きメルトアップ
S&P 500は引続き座して押し目待ち
新年のS&P 500
S&P 500は年末を前にメルトアップ 
S&P 500はユーフォリアか出尽くしか 
S&P 500は一瞬だけ調整を見せる 
S&P 500は外部環境を最後まで無視し切れるか
S&P 500は高値圏でグダグダ
S&P 500は最高値でこそ長期投資を始める流れに
S&P 500は売りをこなしながら更に上値を試す
S&P 500は本当に新高値に売りなしに
S&P 500は万人の期待に反してサプライズ上抜けへ
S&P 500はやる気なくレンジ継続
S&P 500はレンジを信じた者を救う

S&P 500はISMで振り落としをかける
S&P 500はトランプ政権のせいですっかりクソゲーに 
S&P 500は7月高値を前に伸び悩む 
S&P 500は全ての懸念の壁を駆け上がる
そしてS&P 500はレンジ上限をブレイク
S&P 500は一気にレンジ下限が危うい形に
S&P 500は雨が降って地合い固まる
S&P 500はリスク非対称なレンジを作る
S&P 500は貿易戦争再開でどこまでクラッシュするか
S&P 500はひたすらクラッシュ雨乞い

S&P 500が利下げ織込みすぎから押すな押すなに
S&P 500が結局浮力に負けてしまうか
 
利下げサイクル開始でドル安に備える局面が近付くか
S&P 500が意外な粘り強さを見せる 
下抜けてもやはり煮え切らないS&P 500 

新高値に売りありS&P 500の煮え切らない調整

S&P 500の新高値に売りありの法則
 
Fedハト化でもS&P 500の勢いが止まる 
S&P 500が最後の関門を突破
S&P 500がH&S右肩近くまで一気呵成 
S&P 500の重要な水準が向こうからやって来る
S&P 500ここから上はさすがに前途多難
ようやく貿易戦争の悪影響の織り込みが終わる
 S&P 500のテクニカルの続き 
全てがかかっているS&P 500の右肩 
米株指数を純粋なテクニカルで見る  

この記事は投資行動を推奨するものではありません。



コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット