SPX Daily
SPX Weeklu
 先週のS&P 500はレンジが続いた。「ネックライン2850突破は週足200SMAの2640突破ほどの深い意味は持っていない」こともあって週内は調整が優勢であった。「2720 -3000あたりが新レンジとなるか」「2850レジスタンスは消えたためもう少し上値を期待できるものの、今週もどこまで2720に近い水準で押し目を拾って高めの水準で回転できるかが問われるか」と何度か出てきた週足下ヒゲの2720は完璧にサポートとして機能し、2720まで限りなく近い水準まで来てからの反発となった。もっとも上値は軽くはなく、一度は突破された2850を再び超える形にすらなっておらず、2720 -3000レンジの下半分での推移となった。

IMG_0840
IMG_0805
 バリュエーション的には異論なく高い。フォワードPERは近年にない高さとなった。前回(2019年5月)と前々回(2018年1月)2800近辺で推移した時を思い出すと、その時より予想EPSは低く、景況感と失業率は悪くVIXは著しく高い。値持ちをサポートしているのは明らかに2%下がった10年金利である。そしてハイイールド債利回りも以前より高い。従って中長期的な目線で「何回も動かしたくなかったり、いざという時に逃げ足が遅い指数の長期投資ならここからのアニマルスピリット比べに参加しなくても許される」のは変わらない。
VIX
  一方ポジショニングは前回の記事で記した通りシステマティック系は不在、ファンダメンタルズ系裁量おじさんはV字回復を諦めキャッシュを普段よりもオーバーウェイトにしている状態なので依然売り手不在感が強く、ファンダメンタルズで相当強く揺さぶられないと下がりづらい態勢となっている。L字とV字で分かれていたのがU字にならされるにつれてVIXも下がってきた。

 ファンダメンタルズについては引続き経済再開を睨みながらとなるか。中国では見られなかったケースだがもし早急な経済再開が第二波を招いたら相当深い二番底になるだろうが、その辺りが今週来週に現実化するとは考えづらい。レムデシビルが治験に失敗したとのヘッドラインは木曜の2800台からの調整に繋がったが、それ以上の揺さぶり要因にはなっていない。先週にも一度リスクオフを招いた北朝鮮情勢はやや要注意に見える。企業決算は今のところいまいちであり、発表済みの企業群を見ると1Qは16%程度の前年比EPS減となったようだ。しかし市場参加者の注目はせいぜい数個のメガテックに集中している。

 テクニカル的には引続き2720 -3000のレンジ内の推移が継続している。先々週に一度突破された2850は先週再び蓋となっており、結果的には2720 -2850でもよかった。しかしこれは結果論であり、レンジ上限での決め打ちショートはポジショニングが味方しないので依然踏まれるリスクが相応に高い。一方2850から右肩の3140にかけては依然中長期的には買いの利食いゾーンになり、域内でずるずるとショートに踏まれたら痛いものの買いのニューエントリー水準としては面白くない。先週は記事通り2720近辺まで引っ張れるだけ引っ張って押し目買いを入れるのが正解であったが、押し目買い→回転のサイクルは今週も維持する。2720サポートはポジショニングの味方を得て、テクニカルが効かないとは言わせないぞ、と言わんばかりの綺麗な反発を作った。しかしそれだけに2720は市場参加者の目に止まりやすい水準となっており、仮にファンダメンタルズの急変でもう一度下にブレイクした場合は一旦買い撤退となる。

関連記事

S&P 500はアニマルスピリットを取り戻し始める
S&P 500は既に十分な戻り幅を実現 
S&P 500がようやくあまり動かなくなる 
S&P 500は無制限QEに押し流される 
S&P 500は流動性枯渇との戦い
S&P 500はVIXが50を超えるニューノーマルへ 
S&P 500の持込み可試験はそろそろ終わる 
S&P 500は教科書二冊持ち込み可の試験 
S&P 500は再び天井サインが点灯
S&P 500は新高値に釣られず様子見 
S&P 500のバーゲンセールを期待
S&P 500は10月以来の調整入り
S&P 500は引続きメルトアップ
S&P 500は引続き座して押し目待ち
新年のS&P 500
S&P 500は年末を前にメルトアップ 
S&P 500はユーフォリアか出尽くしか 
S&P 500は一瞬だけ調整を見せる 
S&P 500は外部環境を最後まで無視し切れるか
S&P 500は高値圏でグダグダ
S&P 500は最高値でこそ長期投資を始める流れに
S&P 500は売りをこなしながら更に上値を試す
S&P 500は本当に新高値に売りなしに
S&P 500は万人の期待に反してサプライズ上抜けへ
S&P 500はやる気なくレンジ継続
S&P 500はレンジを信じた者を救う

S&P 500はISMで振り落としをかける
S&P 500はトランプ政権のせいですっかりクソゲーに 
S&P 500は7月高値を前に伸び悩む 
S&P 500は全ての懸念の壁を駆け上がる
そしてS&P 500はレンジ上限をブレイク
S&P 500は一気にレンジ下限が危うい形に
S&P 500は雨が降って地合い固まる
S&P 500はリスク非対称なレンジを作る
S&P 500は貿易戦争再開でどこまでクラッシュするか
S&P 500はひたすらクラッシュ雨乞い

S&P 500が利下げ織込みすぎから押すな押すなに
S&P 500が結局浮力に負けてしまうか
 
利下げサイクル開始でドル安に備える局面が近付くか
S&P 500が意外な粘り強さを見せる 
下抜けてもやはり煮え切らないS&P 500 

新高値に売りありS&P 500の煮え切らない調整

S&P 500の新高値に売りありの法則
 
Fedハト化でもS&P 500の勢いが止まる 
S&P 500が最後の関門を突破
S&P 500がH&S右肩近くまで一気呵成 
S&P 500の重要な水準が向こうからやって来る
S&P 500ここから上はさすがに前途多難
ようやく貿易戦争の悪影響の織り込みが終わる
 S&P 500のテクニカルの続き 
全てがかかっているS&P 500の右肩 
米株指数を純粋なテクニカルで見る  

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。


この記事は投資行動を推奨するものではありません。



コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット