IMG_1131
SPX Daily
SPX Weekly
 S&P 500は引続き2720 -3000の日足レンジ内の推移が継続している。先々週までは概ね2720 -2850というレンジ下半分に収まっていたが、先週は一旦2850を抜けて2950まで付けてから2800台前半まで戻る形でレンジの上半分も一通り試したことになる。「(2720 -2850は)結果論であり、レンジ上限での決め打ちショートはポジショニングが味方しないので依然踏まれるリスクが相応に高い」「一方2850から右肩の3140にかけては依然中長期的には買いの利食いゾーンになり、域内でずるずるとショートに踏まれたら痛いものの買いのニューエントリー水準としては面白くない」のイメージ通りであったと言えると思う。更に中長期的な目線で「何回も動かしたくなかったり、いざという時に逃げ足が遅い指数の長期投資ならここからのアニマルスピリット比べに参加しなくても許される」のは引続き維持する。

IMG_1130
5005
 ファンダメンタルズ的には経済再開への期待と一部企業の決算通過で一時高値を伸ばした。山はすぎたらしいものの、感染拡大が終わらないうちに自棄っぱちで経済を再開したらどうなるか、中国も未経験なのでカンニングできる前例はない。週後半にかけては米中関係にきな臭さが再び漂い始めた。奇しくも昨年の5月も同じような構図でセルインメイに突入している。歴史は繰り返すのか。

 テクニカルには週足が上ヒゲ陰線となり、2950はレジスタンスとなる。本ブログが「3140はとても遠い」という理由だけでエイヤーで決め打ちした上限3000には惜しくも届かなかった。2720 -2850のレンジを上に抜けてから戻って来たという見方をすれば次は下が危うくなりそうであり、2720サポートに再び頼るのはやや危険に見える。
VIX
  もっともVIXは週次で見ると反発したものの依然30台なので、先月のように一気に100ドル、200ドルと突き抜けるイメージもあまり付かず、追いかけて何かするという場面でもないように見える。「2850から右肩の3140にかけては依然中長期的には買いの利食いゾーン」としていたようにポジションはあくまでも高いと思った時に外すものである。
IMG_0948
AMZN
MSFT
EXGm6RUX0Ag-2lx
IMG_1148
 2月末ほどは露骨に弱く見えないものの、ラリーを先導した大型テックはMSFTは前回高値を前に足踏み、AMZNは期待で高値更新したものの決算後はパッとしない。経済再開期待でとりあえず雷が落ちなそうなナスダックに突撃したものの、ここまで来た後の展望は描きづらいという図に見える。
IMG_1141
 一方、ポジショニングは一朝一夕では変わりようがないので依然売り崩しには不利と思われる。システマティック勢をはじめとする投資家ポジショニングは依然売り切った状態である。
IMG_1127 
HYG
IMG_1121
IMG_1128
IMG_1129
 バリュエーションは当然高いのでここから腰が据えた長期投資はしたくない。その背景には当然世界中の中央銀行の金融緩和があるわけであるが、同じように金融緩和の恩恵を受ける、何ならFedが直接買い支えにも動けるハイイールド債は株対比で息切れがやや目立つ。

 2720 -3000レンジの上半分は中長期にも、また週足から短期的にもリスクの落とし場となりそう。2950を再び上に切れればテクニカルには再び上値余地が広がるがそれでも3140まで売り場が続く。2720を下に切れた場合は2660まで上がって来た週足200SMAが次のサポートとなるか。2660が守られれば中長期的には「一瞬ふらついた」だけで上昇トレンドが守られているという図が保たれるが、再び下に切れると今回の2950までのラリーが「ベアマーケットラリー」だったという解釈になってしまう。もっとも二番底があるなら一番底のようにパーンと値幅が出るというよりは長い低迷になると想像している。1〜2週間レベルでは2660 -2950のレンジを想定。

関連記事

S&P 500は引続き面白くない高値レンジ 
S&P 500はアニマルスピリットを取り戻し始める 
S&P 500は既に十分な戻り幅を実現 
S&P 500がようやくあまり動かなくなる 
S&P 500は無制限QEに押し流される 
S&P 500は流動性枯渇との戦い
S&P 500はVIXが50を超えるニューノーマルへ 
S&P 500の持込み可試験はそろそろ終わる 
S&P 500は教科書二冊持ち込み可の試験 
S&P 500は再び天井サインが点灯
S&P 500は新高値に釣られず様子見 
S&P 500のバーゲンセールを期待
S&P 500は10月以来の調整入り
S&P 500は引続きメルトアップ
S&P 500は引続き座して押し目待ち
新年のS&P 500
S&P 500は年末を前にメルトアップ 
S&P 500はユーフォリアか出尽くしか 
S&P 500は一瞬だけ調整を見せる 
S&P 500は外部環境を最後まで無視し切れるか
S&P 500は高値圏でグダグダ
S&P 500は最高値でこそ長期投資を始める流れに
S&P 500は売りをこなしながら更に上値を試す
S&P 500は本当に新高値に売りなしに
S&P 500は万人の期待に反してサプライズ上抜けへ
S&P 500はやる気なくレンジ継続
S&P 500はレンジを信じた者を救う

S&P 500はISMで振り落としをかける
S&P 500はトランプ政権のせいですっかりクソゲーに 
S&P 500は7月高値を前に伸び悩む 
S&P 500は全ての懸念の壁を駆け上がる
そしてS&P 500はレンジ上限をブレイク
S&P 500は一気にレンジ下限が危うい形に
S&P 500は雨が降って地合い固まる
S&P 500はリスク非対称なレンジを作る
S&P 500は貿易戦争再開でどこまでクラッシュするか
S&P 500はひたすらクラッシュ雨乞い

S&P 500が利下げ織込みすぎから押すな押すなに
S&P 500が結局浮力に負けてしまうか
 
利下げサイクル開始でドル安に備える局面が近付くか
S&P 500が意外な粘り強さを見せる 
下抜けてもやはり煮え切らないS&P 500 

新高値に売りありS&P 500の煮え切らない調整

S&P 500の新高値に売りありの法則
 
Fedハト化でもS&P 500の勢いが止まる 
S&P 500が最後の関門を突破
S&P 500がH&S右肩近くまで一気呵成 
S&P 500の重要な水準が向こうからやって来る
S&P 500ここから上はさすがに前途多難
ようやく貿易戦争の悪影響の織り込みが終わる
S&P 500のテクニカルの続き 
全てがかかっているS&P 500の右肩 
米株指数を純粋なテクニカルで見る   

この記事は投資行動を推奨するものではありません。



コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。