IMG_1366
SPX DailySPX Weekly
ndx
 先週のS&P 500は一時続落してから大幅反発となり、先週の記事で示した「2660 -2950レンジ」の上半分での推移となった。貿易戦争再開への恐れから2720サポートすら外したのは完全に杞憂であった。本ブログには小休止するように見えたナスダックへの突撃は続き、ナスダック100で見ると先週引けより高い水準で推移していたのが歴史上13営業日しかないというところまで戻ってしまっている。盛り上がりかけた米中貿易戦争第二波は再び鎮火してしまっているようだ。

EXfld3aX0AEK-X-
GS
 相場の強さの背景は明らかにロング不在のポジショニングによるものである。個人投資家のセンチメントは直近の最低レベルを更新している。システマティック投資家も大人しくしている。だからこそ売り手がいない。むしろレンジ継続を見てのVIX低下を受けた買い直しに警戒すべきであり、レンジ上限でも利食いはともかくショートは危険である。
 IMG_1367
 本ブログが一貫して軽視してきた雇用統計も2千万人の失業を示唆したが、例のごとく相場に無視されている。先々月に初めて新規失業保険申請件数が悪化しそうになった時から本ブログは「雇用は一時的に激しく落ち込むのは既に織り込まれつつあるように見え、またそれによる総収入の落ち込みは短期的には財政出動でカバーされる」としていたが、依然気にしたら負け状態である。この「一時的な」落ち込みが数ヶ月後になっても戻らない、という時に初めて大騒ぎになるだろう。
IMG_1365
IMG_1322
 ポジショニングと同様、バリュエーションが異論なく高いのは変わらない。テクニカルには先々週の週足上ヒゲ陰線を実体の長い下ヒゲ陽線で返してしまったため2950レジスタンスが危うくなっている。新たに短い下ヒゲの2800がサポートになってくる。しかし2950 -3140が長期的な売り場であるとの見方も温存する。下半分がいらなかった2660 -2950から2800 -3000レンジに移行するか。レンジの下半分は押し目買い優勢となるが、何かの拍子で2800が下にブレイクされたら逃げる用意も。一方既に危うくなっている2950を上にブレイクされても追いかけたくない。想像できるリスクオフ材料は貿易戦争の再開とCovid 19の欧米のケース数の再増加か。

関連記事

S&P 500は上値の重さを確認 
S&P 500は引続き面白くない高値レンジ 
S&P 500はアニマルスピリットを取り戻し始める 
S&P 500は既に十分な戻り幅を実現 
S&P 500がようやくあまり動かなくなる 
S&P 500は無制限QEに押し流される 
S&P 500は流動性枯渇との戦い
S&P 500はVIXが50を超えるニューノーマルへ 
S&P 500の持込み可試験はそろそろ終わる 
S&P 500は教科書二冊持ち込み可の試験 
S&P 500は再び天井サインが点灯
S&P 500は新高値に釣られず様子見 
S&P 500のバーゲンセールを期待
S&P 500は10月以来の調整入り
S&P 500は引続きメルトアップ
S&P 500は引続き座して押し目待ち
新年のS&P 500
S&P 500は年末を前にメルトアップ 
S&P 500はユーフォリアか出尽くしか 
S&P 500は一瞬だけ調整を見せる 
S&P 500は外部環境を最後まで無視し切れるか
S&P 500は高値圏でグダグダ
S&P 500は最高値でこそ長期投資を始める流れに
S&P 500は売りをこなしながら更に上値を試す
S&P 500は本当に新高値に売りなしに
S&P 500は万人の期待に反してサプライズ上抜けへ
S&P 500はやる気なくレンジ継続
S&P 500はレンジを信じた者を救う

S&P 500はISMで振り落としをかける
S&P 500はトランプ政権のせいですっかりクソゲーに 
S&P 500は7月高値を前に伸び悩む 
S&P 500は全ての懸念の壁を駆け上がる
そしてS&P 500はレンジ上限をブレイク
S&P 500は一気にレンジ下限が危うい形に
S&P 500は雨が降って地合い固まる
S&P 500はリスク非対称なレンジを作る
S&P 500は貿易戦争再開でどこまでクラッシュするか
S&P 500はひたすらクラッシュ雨乞い

S&P 500が利下げ織込みすぎから押すな押すなに
S&P 500が結局浮力に負けてしまうか
 
利下げサイクル開始でドル安に備える局面が近付くか
S&P 500が意外な粘り強さを見せる 
下抜けてもやはり煮え切らないS&P 500 

新高値に売りありS&P 500の煮え切らない調整

S&P 500の新高値に売りありの法則
 
Fedハト化でもS&P 500の勢いが止まる 
S&P 500が最後の関門を突破
S&P 500がH&S右肩近くまで一気呵成 
S&P 500の重要な水準が向こうからやって来る
S&P 500ここから上はさすがに前途多難
ようやく貿易戦争の悪影響の織り込みが終わる
S&P 500のテクニカルの続き 
全てがかかっているS&P 500の右肩 

この記事は投資行動を推奨するものではありません。



コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット