SPX DailySPX Weekly
 先週のS&P 500はレンジに始終した。本ブログの目線が「2660 -2950レンジ」から「2800 -2300レンジ」に移行した途端に、首の皮一枚になっていた2950のレジスタンスは再びワークし週明けから軟調であり、2800も下にブレイクされてしまった。しかも「2800を割ったら撤退準備」としていた割りにはブレイクされても下に走らず、4月中旬からの長いレンジの真ん中まで戻って来た。
 
 「想像できるリスクオフ材料は貿易戦争の再開とCovid 19の欧米のケース数の再増加か」としていたが、両者共に近い形で現実化しつつあり、米中間の緊張と米国各地のロックダウン延長が週前半の下落に繋がった。一部で高まっていたらしいマイナス金利期待はパウエル議長のスピーチで払拭も強化されもされず、ただ経済状況のトークダウンだけが残った。しかしやはりポジショニングがあきれるほどロングに偏っていないのが効いて2800を割ったところでガラガラと続落とはならず反発した。
IMG_1512
 ポジショニングはGSによると「極端なまでに軽い」水準に食い込んでいる。
IMG_1409
 なおDBによるとそこから買戻しの動きもあり、更にそこに米株ファンドのアウトフローが被さっている。アウトフローはノルウェーSWFから37Bio USDの取崩しなども話題になっている。これらの売りと買い戻したかったフローがぶつかって結局レンジ、というところだろうか。
IMG_1504
IMG_1505
 ファンダメンタルズは悪化の一途である。一応民主党が提案した3兆ドルのHeroesパッケージが出ており、それを共和党が完封するとは考えづらいので更なるばら撒きとしてグッドニュースではあるが、基本的にはそのまま欧米、中国共に第二波に突入しそうな雰囲気となっている。バリュエーション的には当然高い。図のようなV字回復を描けないと正当化しづらいだろう。

 テクニカルには、2800の短い下ヒゲがブレイクされたため下ヒゲ陽線の役割は終了し、再び2950がレジスタンスとなる。日足はダブルトップ気味にも見える。一方、下の2800を割ったところで走らずショートカバーが優勢になった地合いにも大きな変化がなく、下で追撃売りを立てるのは分が悪い。週足は2950レジスタンスが再確認された状態であり、現水準からなら2950を背に売って踏まれるリスクは大きくないように見えるが、下に走る希望はほとんどなく、値幅はあまり期待できなそうである。サポートとなる週足200SMAは2670まで上昇しており、2670 -2950レンジとなるか。もっともサポート〜レジスタンス間のフルレンジというよりはただただグダグダとした展開を想定。サポートを割ってもレジスタンスを抜けても追いかける価値がない、というところか。なお2950 -3140は引続き中長期的な売り場となる。

関連記事

S&P 500はショートカバーで浮上
S&P 500は上値の重さを確認 
S&P 500は引続き面白くない高値レンジ 
S&P 500はアニマルスピリットを取り戻し始める 
S&P 500は既に十分な戻り幅を実現 
S&P 500がようやくあまり動かなくなる 
S&P 500は無制限QEに押し流される 
S&P 500は流動性枯渇との戦い
S&P 500はVIXが50を超えるニューノーマルへ 
S&P 500の持込み可試験はそろそろ終わる 
S&P 500は教科書二冊持ち込み可の試験 
S&P 500は再び天井サインが点灯
S&P 500は新高値に釣られず様子見 
S&P 500のバーゲンセールを期待
S&P 500は10月以来の調整入り
S&P 500は引続きメルトアップ
S&P 500は引続き座して押し目待ち
新年のS&P 500
S&P 500は年末を前にメルトアップ 
S&P 500はユーフォリアか出尽くしか 
S&P 500は一瞬だけ調整を見せる 
S&P 500は外部環境を最後まで無視し切れるか
S&P 500は高値圏でグダグダ
S&P 500は最高値でこそ長期投資を始める流れに
S&P 500は売りをこなしながら更に上値を試す
S&P 500は本当に新高値に売りなしに
S&P 500は万人の期待に反してサプライズ上抜けへ
S&P 500はやる気なくレンジ継続
S&P 500はレンジを信じた者を救う

S&P 500はISMで振り落としをかける
S&P 500はトランプ政権のせいですっかりクソゲーに 
S&P 500は7月高値を前に伸び悩む 
S&P 500は全ての懸念の壁を駆け上がる
そしてS&P 500はレンジ上限をブレイク
S&P 500は一気にレンジ下限が危うい形に
S&P 500は雨が降って地合い固まる
S&P 500はリスク非対称なレンジを作る
S&P 500は貿易戦争再開でどこまでクラッシュするか
S&P 500はひたすらクラッシュ雨乞い

S&P 500が利下げ織込みすぎから押すな押すなに
S&P 500が結局浮力に負けてしまうか
 
利下げサイクル開始でドル安に備える局面が近付くか
S&P 500が意外な粘り強さを見せる 
下抜けてもやはり煮え切らないS&P 500 

新高値に売りありS&P 500の煮え切らない調整

S&P 500の新高値に売りありの法則
 
Fedハト化でもS&P 500の勢いが止まる 
S&P 500が最後の関門を突破
S&P 500がH&S右肩近くまで一気呵成 
S&P 500の重要な水準が向こうからやって来る
S&P 500ここから上はさすがに前途多難
ようやく貿易戦争の悪影響の織り込みが終わる
S&P 500のテクニカルの続き 
全てがかかっているS&P 500の右肩 

この記事は投資行動を推奨するものではありません。



コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。