SPX DailySPX Weekly
 先週のS&P 500は依然高値貼り付きとなった。米中対立の煽りでTOPIXやハンセンといった周辺指数は次々と陥落しているが、それでもS&P 500だけは高値圏で推移している。「週足は2950レジスタンスが再確認された状態であり、現水準からなら2950を背に売って踏まれるリスクは大きくないように見えるが、下に走る希望はほとんどなく、値幅はあまり期待できなそうである」としていたが、あっさり2950まで戻ってきてしまっている。
 
IMG_1649
IMG_1645
 先週までのグダグダの中でもポジショニングやセンチメントは改善を続けているようである。GSのセンチメントインジケーターは最低圏から反発している。野村の米株センチメント指数も極端な悲観からゼロ近辺まで戻している。
IMG_1599
 BoAファンドマネージャーサーベイの平均キャッシュ残高は最高値から反落しているが、依然高水準である。
FullSizeRender
 同じようにGSによるとS&P 500のショート建玉は3月末にピークに畳まれ、再びエントリーされた形跡もあるが再び畳まれ始めている。
IMG_1575
 BoAの投資家サーベイのCrowded Tradesは最近もはや交互にテックロングと米国債の間を行き来しているだけだが、足元はテックロングに傾いている。
5005
 BoAによると、ヘッジファンドはぶん投げから買い戻しに動いてきた。
IMG_1661
 DBによるとシステマティック戦略の投資家(青)は完全に売り払った後についに買い戻しに動き始めた。本ブログでも再三注目してきたようにシステマティック戦略のポジショニングはあまりにも軽いので、VIXの低迷に従って感情のない買いが蠢動する余地は残っていた。一方、裁量投資家(緑)はぶん投げて少し買い戻した後に再び売り越しに転じている。足元のグダグダはまさに両者のぶつかり合いに見える。
FullSizeRender
 GSの株ファンドフローも投信、ETF共にショートカバーにぶつける形で淡々と流出している。
IMG_1651
 バリュエーションは繰り返すまでもなく異論なく高く、長期投資を始める水準としては全く面白くない。BoAクオンツはS&P 500の配当利回りと10年金利のスプレッドは1940年年代以来の高水準となっており、(低金利政策により)株式は割安に見えるとしているが、減益に減配が伴えばすぐ修正される。
HYG
 HYGはその株の割安さ(リスクプレミアムの高騰)を裏付けるようにずっと停滞してきたが、Fedの社債買入れオペレーションが始まると共に上昇が始まった。
IMG_1688
 ファンダメンタルズ的には米中対立の悪材料が続いているが、注目度はずっと低く、ようやく上がり始めたところに見える。損切りが遅れたファンダメンタルズベアはモデルナのワクチンのヘッドラインで一旦畳まれ始めていると思われる(今回が効かなかったとしても今後このようなワクチン踏み上げがいつやってくるか分からないではないかという上席の意見に勝てるベアは少ない)が、その後ワクチンの話題は続いていない。

 テクニカルにはまだレンジが続いている。日足は様々なトレンドラインが引けてブレイクしたり騙しブレイクに終わったりしているが、最も確からしいのは50SMAと200SMAのレンジに見える。すなわち2730 -3000である。2950がまたまたブレイクされたこともあって、前回の記事としていた2670 -2950からマイナーチェンジとなるが、前回記事と同じく一週間以内に上から下までフルレンジをやるとも思っていない。引続き「2950 -3140は中長期的な売り場」は維持する。

関連記事

S&P 500はグダグダ相場が続く
S&P 500はショートカバーで浮上
S&P 500は上値の重さを確認 
S&P 500は引続き面白くない高値レンジ 
S&P 500はアニマルスピリットを取り戻し始める 
S&P 500は既に十分な戻り幅を実現 
S&P 500がようやくあまり動かなくなる 
S&P 500は無制限QEに押し流される 
S&P 500は流動性枯渇との戦い
S&P 500はVIXが50を超えるニューノーマルへ 
S&P 500の持込み可試験はそろそろ終わる 
S&P 500は教科書二冊持ち込み可の試験 
S&P 500は再び天井サインが点灯
S&P 500は新高値に釣られず様子見 
S&P 500のバーゲンセールを期待
S&P 500は10月以来の調整入り
S&P 500は引続きメルトアップ
S&P 500は引続き座して押し目待ち
新年のS&P 500
S&P 500は年末を前にメルトアップ 
S&P 500はユーフォリアか出尽くしか 
S&P 500は一瞬だけ調整を見せる 
S&P 500は外部環境を最後まで無視し切れるか
S&P 500は高値圏でグダグダ
S&P 500は最高値でこそ長期投資を始める流れに
S&P 500は売りをこなしながら更に上値を試す
S&P 500は本当に新高値に売りなしに
S&P 500は万人の期待に反してサプライズ上抜けへ
S&P 500はやる気なくレンジ継続
S&P 500はレンジを信じた者を救う

S&P 500はISMで振り落としをかける
S&P 500はトランプ政権のせいですっかりクソゲーに 
S&P 500は7月高値を前に伸び悩む 
S&P 500は全ての懸念の壁を駆け上がる
そしてS&P 500はレンジ上限をブレイク
S&P 500は一気にレンジ下限が危うい形に
S&P 500は雨が降って地合い固まる
S&P 500はリスク非対称なレンジを作る
S&P 500は貿易戦争再開でどこまでクラッシュするか
S&P 500はひたすらクラッシュ雨乞い

S&P 500が利下げ織込みすぎから押すな押すなに
S&P 500が結局浮力に負けてしまうか
 
利下げサイクル開始でドル安に備える局面が近付くか
S&P 500が意外な粘り強さを見せる 
下抜けてもやはり煮え切らないS&P 500 

新高値に売りありS&P 500の煮え切らない調整

S&P 500の新高値に売りありの法則
 
Fedハト化でもS&P 500の勢いが止まる 
S&P 500が最後の関門を突破
S&P 500がH&S右肩近くまで一気呵成 
S&P 500の重要な水準が向こうからやって来る
S&P 500ここから上はさすがに前途多難
ようやく貿易戦争の悪影響の織り込みが終わる
S&P 500のテクニカルの続き 
全てがかかっているS&P 500の右肩 
米株指数を純粋なテクニカルで見る    

この記事は投資行動を推奨するものではありません。



コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット