SPX DailySPX Weekly
 S&P 500は「中長期的な売り場」としていた2950 -3140間を一直線に駆け上がっており、あっという間に上半分まで付けた。原動力はもちろん本ブログがかねてから警戒してきたポジショニングの良さ(ショートの多さ)であり、経済活動の再開に伴いクローズで恩恵を受ける安全なNASDAQ一強からの巻き戻しも起きている。ばら撒きを受けた米国の個人の買い上げがシステマティック系のショートカバーを誘発し、この二大バリュエーションを気にしない勢力の買い上げが指数を動かしている。
 
 ファンダメンタルズ的には本ブログも含めて懸念されていた香港国家安全法への米国の対抗案が不発に終わってしまった。昨年の貿易戦争の時のようにトランプの鶴の一声で朝起きたら大クラッシュ、を期待する参加者には辛い時間帯担っている。
FullSizeRender
IMG_1756
 ポジショニングは先週の記事に続き全員参加ショートからセンチメントが回復して一部の参加者がショートカバー中というイメージが強い。マネージャーのキャッシュ比率もわずかだが下がり始めた。
IMG_1765
IMG_1766
IMG_1767
 珍しく出回った野村クオンツのポジショニングでは、CTAは暴落以来ずっとNDX先物ロング、ラッセル2000とダウ先物ではショートカバーからの再ショートとなっており、これだけを見ると必ずしもネットショートで捕まっているわけではない。先週はこの入り繰りがやや畳まれているような地合いとなった。これをリーダーが失速したと見るか、膨らむ時価総額の方が大きいと見るか。
IMG_1848
 バリュエーションは引続き高くて面白くない。
HYG
VIX
 カナリア達は堅調地合いを示唆している。個人が主導したラリーに機関投資家も付いてきた形となる。

 テクニカルには2750 -3000のレンジはがっつり上に抜けられてしまった。依然3140は中長期的に強いレジスタンスとなるが、週足は下ヒゲ陽線となり2970がサポートとなる。従って短期的には2970 -3140のレンジとなる。もし2970を下に抜けた場合は2750 -3000レンジに復帰しそう。3140を上に抜けた場合はとても解釈が難しくなる。長いヘッドアンドショルダーの右肩がブレイクされることになるので過去最高値を更新しに行く勢いとなるが、下手に長期的なシグナルなのでその後長期的な希望が残したままドローダウンしていくこともあり得る。3140ブレイクが見られた場合ショートが残っていれば流石に畳むべきだろうが、改めて買うにしてもどこかで押し目買いというところか。なお毎回の滞在時間もバラバラであっても不思議がないので、想定レンジの広さにはボラティリティへのインプリケーションはない。

関連記事

S&P 500は依然グダグダが続く 
S&P 500はグダグダ相場が続く 
S&P 500はショートカバーで浮上
S&P 500は上値の重さを確認 
S&P 500は引続き面白くない高値レンジ 
S&P 500はアニマルスピリットを取り戻し始める 
S&P 500は既に十分な戻り幅を実現 
S&P 500がようやくあまり動かなくなる 
S&P 500は無制限QEに押し流される 
S&P 500は流動性枯渇との戦い
S&P 500はVIXが50を超えるニューノーマルへ 
S&P 500の持込み可試験はそろそろ終わる 
S&P 500は教科書二冊持ち込み可の試験 
S&P 500は再び天井サインが点灯
S&P 500は新高値に釣られず様子見 
S&P 500のバーゲンセールを期待
S&P 500は10月以来の調整入り
S&P 500は引続きメルトアップ
S&P 500は引続き座して押し目待ち
新年のS&P 500
S&P 500は年末を前にメルトアップ 
S&P 500はユーフォリアか出尽くしか 
S&P 500は一瞬だけ調整を見せる 
S&P 500は外部環境を最後まで無視し切れるか
S&P 500は高値圏でグダグダ
S&P 500は最高値でこそ長期投資を始める流れに
S&P 500は売りをこなしながら更に上値を試す
S&P 500は本当に新高値に売りなしに
S&P 500は万人の期待に反してサプライズ上抜けへ
S&P 500はやる気なくレンジ継続
S&P 500はレンジを信じた者を救う

S&P 500はISMで振り落としをかける
S&P 500はトランプ政権のせいですっかりクソゲーに 
S&P 500は7月高値を前に伸び悩む 
S&P 500は全ての懸念の壁を駆け上がる
そしてS&P 500はレンジ上限をブレイク
S&P 500は一気にレンジ下限が危うい形に
S&P 500は雨が降って地合い固まる
S&P 500はリスク非対称なレンジを作る
S&P 500は貿易戦争再開でどこまでクラッシュするか
S&P 500はひたすらクラッシュ雨乞い

S&P 500が利下げ織込みすぎから押すな押すなに
S&P 500が結局浮力に負けてしまうか
 
利下げサイクル開始でドル安に備える局面が近付くか
S&P 500が意外な粘り強さを見せる 
下抜けてもやはり煮え切らないS&P 500 

新高値に売りありS&P 500の煮え切らない調整

S&P 500の新高値に売りありの法則
 
Fedハト化でもS&P 500の勢いが止まる 
S&P 500が最後の関門を突破
S&P 500がH&S右肩近くまで一気呵成 
S&P 500の重要な水準が向こうからやって来る
S&P 500ここから上はさすがに前途多難
ようやく貿易戦争の悪影響の織り込みが終わる
S&P 500のテクニカルの続き 
全てがかかっているS&P 500の右肩 
米株指数を純粋なテクニカルで見る    

この記事は投資行動を推奨するものではありません。



コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。