IMG_2030
SPX DailySPX Weekly
 先週のS&P 500は壮大なショートカバーとなった。過去の記事で「中長期的な売り場」としていた2950 -3140ゾーンはほぼノンストップで一気通貫されてしまった。過去の値動きからしたらそこまで大きく大きくないものの、結果的にこのゾーンは今回の相場で最も安心感を持ってロングで突っ走れる局面であったにもかかわらず「中長期的な売り場」としてこだわってしまったのは完全にセンスがなかった。「2970 -3140」レンジの上半分〜上方での推移となった。

IMG_2032
 ファンダメンタルズ的には依然「本ブログも含めて懸念されていた香港国家安全法への米国の対抗案が不発に終わってしまった。昨年の貿易戦争の時のようにトランプの鶴の一声で朝起きたら大クラッシュ、を期待する参加者には辛い時間帯担っている」。米国はひたすらに経済再開に向かって突っ走っている。金曜に発表された雇用者数は予想外の250万人増のサプライズとなった。集計ミスがあったのではないかとも言われたし、実際週末には集計ミスがあったと発表されたものの、結局少なくとも金曜については「解釈に迷う人が残っている間こそ上がる」展開となった。
IMG_1954
IMG_1912
 バリュエーション。フォワードEPS対比でも3年後の配当先物対してもバリュエーションが膨らんでいることが分かる。足元の相場はバリュエーションを気にしない人達が主導している。

 ポジショニングは一朝一夕では変わらないが、ワクチン騒ぎから上方脆弱性に気付いた時から始まったファンダメンタルズ重視勢の踏みはそろそろクライマックスに達したと思われる。ここから株ショートを張る説明はファンダメンタルズ的には難しくなっている。それに対して持ち上げたCTAなどの利食いが来週あたりから始まるか、それともそこに更にシステマティック勢の買い戻しが被さっていくか。米金利は週間を通して大きく上昇したが、元よりハイボラティリティレジーム下でのリスクパリティ戦略の株復元は進んでいないので、国債部分が揺さぶられても出てくるものがない。実質金利のプラス転にもほど遠い。
VIX
HYG
 カナリア達は週間を通してブルを示唆し続けたものの、どちらも金曜の指数の上げには付いて行っていない。過去にも「しつこい」上げはあったが、それらのケースはじり上げでありここまでの急騰ではないため、VIXも「上がって指数を再び崩す」ほどではないにしろ、10台に突入していくような低下は見せていない。
IMG_1957
NDX100
 テクニカルには3140ブレイクにより春の大きなヘッドアンドショルダーの右肩がブレイクされヘッドアンドショルダーの効力が解消された。もっともこれは2200の安値更新より先に3400の高値を付けそう、ということでしかないので、短期的な一直線上げの継続を保証するものではない。ただショートを張るのに使えるバックストップが消滅したのは事実である(3140も一瞬でワープしてしまったので残念ながらバックストップとして機能しなかった。これは大反省である)。ナスダック100は過去最高値更新で「新高値に売りなし」に突入する。
IMG_2058
 ここから先の水準は1月2月に付けた時もバブルだなー高いなーと思いながら持っていかれがちな領域である。ここまで一直線のロングランをやってから3140をブレイクして「3140をブレイクしたのでさあ最高値更新」というのもさすがに息切れしそう。ファンダメンタルズの好材料も出揃ったことから簡単な一方通行が終わるまで長くないだろう。ただテクニカルにショートはこれまで以上に危険にはなったし、ポジショニングが再び悪化する時間帯までは押してもたかが知れていると思われる。週足サポートは引続き2970となる。

関連記事

S&P 500は踏み上げ相場が続く
S&P 500は依然グダグダが続く 
S&P 500はグダグダ相場が続く 
S&P 500はショートカバーで浮上
S&P 500は上値の重さを確認 
S&P 500は引続き面白くない高値レンジ 
S&P 500はアニマルスピリットを取り戻し始める 
S&P 500は既に十分な戻り幅を実現 
S&P 500がようやくあまり動かなくなる 
S&P 500は無制限QEに押し流される 
S&P 500は流動性枯渇との戦い
S&P 500はVIXが50を超えるニューノーマルへ 
S&P 500の持込み可試験はそろそろ終わる 
S&P 500は教科書二冊持ち込み可の試験 
S&P 500は再び天井サインが点灯
S&P 500は新高値に釣られず様子見 
S&P 500のバーゲンセールを期待
S&P 500は10月以来の調整入り
S&P 500は引続きメルトアップ
S&P 500は引続き座して押し目待ち
新年のS&P 500
S&P 500は年末を前にメルトアップ 
S&P 500はユーフォリアか出尽くしか 
S&P 500は一瞬だけ調整を見せる 
S&P 500は外部環境を最後まで無視し切れるか
S&P 500は高値圏でグダグダ
S&P 500は最高値でこそ長期投資を始める流れに
S&P 500は売りをこなしながら更に上値を試す
S&P 500は本当に新高値に売りなしに
S&P 500は万人の期待に反してサプライズ上抜けへ
S&P 500はやる気なくレンジ継続
S&P 500はレンジを信じた者を救う

S&P 500はISMで振り落としをかける
S&P 500はトランプ政権のせいですっかりクソゲーに 
S&P 500は7月高値を前に伸び悩む 
S&P 500は全ての懸念の壁を駆け上がる
そしてS&P 500はレンジ上限をブレイク
S&P 500は一気にレンジ下限が危うい形に
S&P 500は雨が降って地合い固まる
S&P 500はリスク非対称なレンジを作る
S&P 500は貿易戦争再開でどこまでクラッシュするか
S&P 500はひたすらクラッシュ雨乞い

S&P 500が利下げ織込みすぎから押すな押すなに
S&P 500が結局浮力に負けてしまうか
 
利下げサイクル開始でドル安に備える局面が近付くか
S&P 500が意外な粘り強さを見せる 
下抜けてもやはり煮え切らないS&P 500 

新高値に売りありS&P 500の煮え切らない調整

S&P 500の新高値に売りありの法則
 
Fedハト化でもS&P 500の勢いが止まる 
S&P 500が最後の関門を突破
S&P 500がH&S右肩近くまで一気呵成 
S&P 500の重要な水準が向こうからやって来る
S&P 500ここから上はさすがに前途多難
ようやく貿易戦争の悪影響の織り込みが終わる
S&P 500のテクニカルの続き 
全てがかかっているS&P 500の右肩 
米株指数を純粋なテクニカルで見る    

この記事は投資行動を推奨するものではありません。



コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。