IMG_2091
SPX DailySPX Weekly
 S&P 500は二週間で激しい行って来いを演じた。良かった雇用統計を受けて先週は6%近い急騰となったが、今週はそれをそっくり吐き出してしまい、雇用統計後の高値圏の4日間はアイランドとして取り残された。ずっとキーポイントとしていた3140は行きでも帰りでも窓としてワープされてしまった。先週の記事では「ここまで一直線のロングランをやってから3140をブレイクして3140をブレイクしたのでさあ最高値更新というのもさすがに息切れしそう。ファンダメンタルズの好材料も出揃ったことから簡単な一方通行が終わるまで長くないだろう」としていたが流石にわずか一週間で押し戻されるとは思わなかった。「ポジショニングが再び悪化する時間帯までは押してもたかが知れていると思われる」も外れた。米国の一部の州で感染が再び拡大していることなどが材料になったようだ。なおその傾向は週末になっても続いている。
 
IMG_2200
 雇用統計のおかげもあって足元の経済指標はリスクオンを正当化する方に傾いている。従って足元は割高でも二番底や底割れの可能性は低下しつつある。一方、FOMCにより先週の記事で軽視していた金利の上振れによる株調整リスクは低下したが、そこで示された経済先行きへの慎重な見方は週後半の株安を正当化した。
EaO6UzeXQAIARir
EaO6WXtXQAEoO06
EaO6XTSWAAAmsg0
EaO6YJyXYAAmIiw
 さてポジショニング。月初の記事で「全員参加ショートからセンチメントが回復して一部の参加者がショートカバー中」としていたが、とりあえずシステマティック系の参加者に関してはDBが追認している。1枚目からシステマティック戦略全体、Volコントロール戦略、CTA戦略、そしてリスクパリティ戦略の順となっている。興味深いことにリスクパリティとCTAは(一部で期待されていたであろうにもかかわらず)断固として株の買い戻しには動かず、一方同じボラティリティを見ていてもリスクパリティより足が速いとされるVolコントロールは一足先にポジションを極小から積極的に復元している。
IMG_2253
 野村クオンツのCTAポジショニングは前回見かけた時はナスダックL vs他のSだったのが全指数水面上に浮上している。ここからロングを平均的な水準まで復元させたいかどうかはともかく、少なくとも喫緊に踏むべきショートはなくなったようである。
IMG_2256
IMG_2243
 GSのセンチメントインジケーターもポジショニングが一気にロング域まで戻ってきたことを示唆している。前回の記事で「ワクチン騒ぎから上方脆弱性に気付いた時から始まったファンダメンタルズ重視勢の踏みはそろそろクライマックスに達したと思われる。ここから株ショートを張る説明はファンダメンタルズ的には難しくなっている」としていた通り、ショートの整理はだいぶ進んできたようだ。ここ数週間と違い機関投資家のポジショニングはもはや上値追いを正当化しない。
FullSizeRender
 そして押し目があってもなくても株式市場に激しい資金流入が続いているのが個人投資家向けプラットフォームのRobinhoodである。図はS&P 500連動ETF「SPY」のRobinhoodユーザー保有額である。こちらが誰もが納得しなかった激しいラリーを主導して上の機関投資家達を踏み上げた力の正体であるが、チャプター11申請企業の株を買い上げたりしていてあまりスマートマネーとは言えない。しかし彼らの原資の一部は景気対策の給付金であり、いわゆる過剰流動性相場の様相を呈している。もちろん畢竟スマートマネーではないので最終的には彼らは損する可能性が高いし、過剰流動性相場の後には期待リターンの低い焼け野原となるので長期投資では決して巻き込まれてはならないが、かと言って下手に漫然とショートで立ち止まると無限に湧いてくる買いに押し流される危険性が残る。過剰流動性相場が反転するきっかけとしては、多くの参加者が他所で地雷を踏んで損失を出してアニマルスピリットを失うか、数ヶ月後に給付金が止まるのが現実的になってくるか、あたりだろうか。
HYGVIX
 先週金曜の株のラリーを黙殺したカナリア勢は、今週は特にVIXが主役となった。週明けから指数が堅調でもVIXは毎日上昇を続け、木曜にはついに30を突破して40まで吹き上がった。「過去にもしつこい上げはあったが、それらのケースはじり上げでありここまでの急騰ではないため、VIXも「上がって指数を再び崩す」ほどではないにしろ、10台に突入していくような低下は見せていない」にはヒントがあったようである。「ただテクニカルにショートはこれまで以上に危険にはなった」としていたが、結果的にはVIXを注意深く観察すればショートのリスクは低かった。VIXが40台から30割れまで低下したのを見てポジションを構築したvolコントロール戦略は再びポジションを落とさなければいけないだろうか。少なくとも木曜にVIXがぶち上がった後の金曜に関しては、たとえ日本市場などが押し目買いラリーに見舞われてもVIXが40近辺で推移したまま高値をグイグイ更新していくのはお腹を壊したままマラソンを走るようなものであったことは想像に難しくない。VIXが再び上がってしまったので警戒されていたリスクパリティの買い戻しも更に遠ざかっただろう。もっとも、金曜にはVIXそのものは30台に戻っている。
IMG_2115
 様々なポジショニングがブルベアについてバラバラになっているのもボラティリティの高止まりを正当化する。

 最後に足元で最も使えなかったテクニカル。「週足サポートは引続き2970」はすぐに役に立つと思っていなかったが、指数は2984で跳ね返っており見事にワークしたことになる。5月前半のショートを作りやすかった時期のレンジ上限が2950であったため、残っていたショートがあるとすれば2900後半にとりあえずショートカバーをしない理由はない。週足的には2970サポートは首の皮一枚で生き残っている。一方、雇用統計でギャップアップした水準はアイランドリバーサルとして取り残されてしまっており3200近辺は一気に重くなってしまう。アイランドを背にしたショートが再び入りやすくなり、窓にも届かないと考えたら足元で最もタイトなレンジは2970 -3140となるか。2970がもしブレイクされれば汚いヘッドアンドショルダーとなり3100がレジスタンスとなるが、下に放たれても5月にもみ合った跡がサポートとなるはずだ。例えば4月からのトレンドラインが伸びている2800近辺など。VIXの助けを借りて全てを下にぶち抜いたら流石にマーケットは再びロングに傾きやすくなっているはずなので下に加速しやすくなりそうだが、全てを無視して過剰流動性に押し流されて上がり続けた場合の方が付いて行き方が難しいので、下に抜けたら見捨てるつもりで軽い押し目買い回転スタンスを維持した方がストレスが少なそう。

関連記事

S&P 500は全員参加型ショートカバー
S&P 500は踏み上げ相場が続く
S&P 500は依然グダグダが続く 
S&P 500はグダグダ相場が続く 
S&P 500はショートカバーで浮上
S&P 500は上値の重さを確認 
S&P 500は引続き面白くない高値レンジ 
S&P 500はアニマルスピリットを取り戻し始める 
S&P 500は既に十分な戻り幅を実現 
S&P 500がようやくあまり動かなくなる 
S&P 500は無制限QEに押し流される 
S&P 500は流動性枯渇との戦い
S&P 500はVIXが50を超えるニューノーマルへ 
S&P 500の持込み可試験はそろそろ終わる 
S&P 500は教科書二冊持ち込み可の試験 
S&P 500は再び天井サインが点灯
S&P 500は新高値に釣られず様子見 
S&P 500のバーゲンセールを期待
S&P 500は10月以来の調整入り
S&P 500は引続きメルトアップ
S&P 500は引続き座して押し目待ち
新年のS&P 500
S&P 500は年末を前にメルトアップ 
S&P 500はユーフォリアか出尽くしか 
S&P 500は一瞬だけ調整を見せる 
S&P 500は外部環境を最後まで無視し切れるか
S&P 500は高値圏でグダグダ
S&P 500は最高値でこそ長期投資を始める流れに
S&P 500は売りをこなしながら更に上値を試す
S&P 500は本当に新高値に売りなしに
S&P 500は万人の期待に反してサプライズ上抜けへ
S&P 500はやる気なくレンジ継続
S&P 500はレンジを信じた者を救う

S&P 500はISMで振り落としをかける
S&P 500はトランプ政権のせいですっかりクソゲーに 
S&P 500は7月高値を前に伸び悩む 
S&P 500は全ての懸念の壁を駆け上がる
そしてS&P 500はレンジ上限をブレイク
S&P 500は一気にレンジ下限が危うい形に
S&P 500は雨が降って地合い固まる
S&P 500はリスク非対称なレンジを作る
S&P 500は貿易戦争再開でどこまでクラッシュするか
S&P 500はひたすらクラッシュ雨乞い

S&P 500が利下げ織込みすぎから押すな押すなに
S&P 500が結局浮力に負けてしまうか
 
利下げサイクル開始でドル安に備える局面が近付くか
S&P 500が意外な粘り強さを見せる 
下抜けてもやはり煮え切らないS&P 500 

新高値に売りありS&P 500の煮え切らない調整

S&P 500の新高値に売りありの法則
 
Fedハト化でもS&P 500の勢いが止まる 
S&P 500が最後の関門を突破
S&P 500がH&S右肩近くまで一気呵成 
S&P 500の重要な水準が向こうからやって来る
S&P 500ここから上はさすがに前途多難
ようやく貿易戦争の悪影響の織り込みが終わる
S&P 500のテクニカルの続き 
全てがかかっているS&P 500の右肩 
米株指数を純粋なテクニカルで見る    

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。


この記事は投資行動を推奨するものではありません。



コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。