Spx dailySPX Weekly
 先週のS&P 500はそれまでの2970 -3140レンジから下には抜けず上に切り返した。わざわざ「2965から日足50SMAの2950にかけてのサポートは消滅してしまう」としていたがその水準を掠りもせず、月曜からリスクオンが始まり週足は大陽線になってしまった。先週の上ヒゲ陰線のヒゲレジスタンス3155は木曜の雇用統計をきっかけに突破されてしまった。つまり先週の記事の完全に逆に行ったわけである。もっとも、「この近辺は2度も跳ね返っているので、何かのきっかけでブレイクできればそれなりに信用できるブレイクとなるが、依然上には雇用統計アイランドが立ち塞がっている」と悩んでいた通り、ブレイクした木曜日足はそこで上ヒゲ陰線に終わっている。

ISM
 ファンダメンタルズ的にはISMは先月中に発表された連銀サーベイを追う形でよかった。これまでのV字回復ではISMだけがやたらと反発が遅いケースも多かったためこれは素直に好感されたようであるが、これはISM回答者の大企業の担当者が重視している欧州、中国など海外もきちんと反発しているのが背景と思われる。雇用統計の方は、経済再開に伴い当然ながら娯楽宿泊や小売といったサービス業の頭数が回復しているが、一方で長期失業に突入した人数も増え続けている。ここからは新たに感染が拡大していくつかの都市の再開が止まった後の数字と、7月で切れる失業給付積み増しの延長があるかどうかの方が重要になりそう。債券市場は雇用統計を完全に無視した。
HYG
VIX
 カナリアは概ね株と似たような解釈であったが、ハイイールド債はS&P 500と異なり6月後半の高値まで戻り切れていない。VIXはレンジ下方ブレイクリスクが遠ざかったため素直に下落している。
IMG_2680
EbhucB5VAAIhyFD
 ポジショニング的には「ショートカバーは一巡したが株ポジションの重い参加者も少ない」が継続してそうである。ファンドフローは白けた流出が続いているようだ。

 テクニカルには先週の週足上ヒゲ陰線が否定されてしまう。もっとも否定したところが更に日足上ヒゲ陰線になっているため上値の重さはあまり解消されない。一方、否定された上ヒゲ陰線の下限と週足及び日足の50SMAが集まる3000近辺は相当硬くなっており、ショートはここに至るまでに畳まれるべきに見える。もっともそこから更に3000をもう一度下に割った場合は、雇用統計アイランドからのA波とフラッグ状のB波に続くC波が始まったように見えてしまうだろう。逆に木曜上ヒゲの3165を更にブレイクしたら「引き付けてのショートエントリー」は撤退に追い込まれる。基本的には3000 -3165のレンジが継続しそうに見える。

関連記事 

S&P 500は経済再開・V字回復期待が剥落 
S&P 500はアイランドに頭を押さえ付けられる 
S&P 500のショートカバーが取り残されてしまう
S&P 500は全員参加型ショートカバー
S&P 500は踏み上げ相場が続く
S&P 500は依然グダグダが続く 
S&P 500はグダグダ相場が続く 
S&P 500はショートカバーで浮上
S&P 500は上値の重さを確認 
S&P 500は引続き面白くない高値レンジ 
S&P 500はアニマルスピリットを取り戻し始める 
S&P 500は既に十分な戻り幅を実現 
S&P 500がようやくあまり動かなくなる 
S&P 500は無制限QEに押し流される 
S&P 500は流動性枯渇との戦い
S&P 500はVIXが50を超えるニューノーマルへ 
S&P 500の持込み可試験はそろそろ終わる 
S&P 500は教科書二冊持ち込み可の試験 
S&P 500は再び天井サインが点灯
S&P 500は新高値に釣られず様子見 
S&P 500のバーゲンセールを期待
S&P 500は10月以来の調整入り
S&P 500は引続きメルトアップ
S&P 500は引続き座して押し目待ち
新年のS&P 500
S&P 500は年末を前にメルトアップ 
S&P 500はユーフォリアか出尽くしか 
S&P 500は一瞬だけ調整を見せる 
S&P 500は外部環境を最後まで無視し切れるか
S&P 500は高値圏でグダグダ
S&P 500は最高値でこそ長期投資を始める流れに
S&P 500は売りをこなしながら更に上値を試す
S&P 500は本当に新高値に売りなしに
S&P 500は万人の期待に反してサプライズ上抜けへ
S&P 500はやる気なくレンジ継続
S&P 500はレンジを信じた者を救う

S&P 500はISMで振り落としをかける
S&P 500はトランプ政権のせいですっかりクソゲーに 
S&P 500は7月高値を前に伸び悩む 
S&P 500は全ての懸念の壁を駆け上がる
そしてS&P 500はレンジ上限をブレイク
S&P 500は一気にレンジ下限が危うい形に
S&P 500は雨が降って地合い固まる
S&P 500はリスク非対称なレンジを作る
S&P 500は貿易戦争再開でどこまでクラッシュするか
S&P 500はひたすらクラッシュ雨乞い

S&P 500が利下げ織込みすぎから押すな押すなに
S&P 500が結局浮力に負けてしまうか
 
利下げサイクル開始でドル安に備える局面が近付くか
S&P 500が意外な粘り強さを見せる 
下抜けてもやはり煮え切らないS&P 500 

新高値に売りありS&P 500の煮え切らない調整

S&P 500の新高値に売りありの法則
 
Fedハト化でもS&P 500の勢いが止まる 
S&P 500が最後の関門を突破
S&P 500がH&S右肩近くまで一気呵成 
S&P 500の重要な水準が向こうからやって来る
S&P 500ここから上はさすがに前途多難
ようやく貿易戦争の悪影響の織り込みが終わる
S&P 500のテクニカルの続き 
全てがかかっているS&P 500の右肩 
米株指数を純粋なテクニカルで見る    

この記事は投資行動を推奨するものではありません。



コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット