SPX DailySPX Weekly
 先週のS&P 500は一瞬だけ調整したが速攻で全戻しし、週足は小さな下ヒゲ陽線となった。「ショートと上値追いの双方を戒めながら慎重に押し目を拾うべき時間帯か」とは言ってもほんの小さな押し目しかなかった。その後は完全に夏枯れに入ったかのようにぱったりと動かなくなってしまった。米金利は大きく上昇したが、「もちろん金曜程度の金利上昇だけで株式指数を崩せるわけではない」としていた通り、指数はこれを見事に無視した。

HYG
HYG OAS
 ポジショニングは先週の記事で資料をかき集めたところから大きく変わってなさそうだ。一方今週気になるのは金利上昇により弱いハイイールド債である。こちらは利回りで評価する投資家が多いため金利が上昇すると価格が相応に下落してしまう。というより、金利の上昇分よりも下落しているため、スプレッドも拡大している。もちろん株の方がインフレに強くアップサイドがあるのでハイイールド債を無視しないとは限らないが、「今までの株の上昇(PERの切り上げ)の一部が金利低下によるものであった」とすれば片肺飛行になってしまう。
VIX
  もう一羽のカナリアであるVIXは心肺停止している。20を割り込むと何ヶ月も株を買えなかったリスクパリティファンドがようやく買い上げに来そうであるが、なかなかそのレベルまでは下がらない。日足チャートの絵だけ見比べるとコロナショック直前のじり高局面とあまりボラティリティが変わらないように見えるが、さてどちらが間違っているのか。
TNX
 テクニカルは週足下ヒゲ陽線なのでブルトレンドが続き、ヒゲの3326がサポートとなる。しかし金利上昇の行方次第では株もハイイールド債を後追いする可能性もそれなりに残るため、「3326のすぐ上でショート」はしたくないものの3326ブレイクで困るようなロングも作りたくない、と引続き夏休みモードが続くか。

関連記事 

S&P 500は夏枯れの中で淡々と浮上 
S&P 500は再び夏枯れ色が強まる 
S&P 500は強引な持ち上げから失速 
S&P 500は夏枯れに突入するか
S&P 500はレンジ上方で煮詰まる 
S&P 500は再びレンジプレイに戻る 
S&P 500は経済再開・V字回復期待が剥落 
S&P 500はアイランドに頭を押さえ付けられる 
S&P 500のショートカバーが取り残されてしまう
S&P 500は全員参加型ショートカバー
S&P 500は踏み上げ相場が続く
S&P 500は依然グダグダが続く 
S&P 500はグダグダ相場が続く 
S&P 500はショートカバーで浮上
S&P 500は上値の重さを確認 
S&P 500は引続き面白くない高値レンジ 
S&P 500はアニマルスピリットを取り戻し始める 
S&P 500は既に十分な戻り幅を実現 
S&P 500がようやくあまり動かなくなる 
S&P 500は無制限QEに押し流される 
S&P 500は流動性枯渇との戦い
S&P 500はVIXが50を超えるニューノーマルへ 
S&P 500の持込み可試験はそろそろ終わる 
S&P 500は教科書二冊持ち込み可の試験 
S&P 500は再び天井サインが点灯
S&P 500は新高値に釣られず様子見 
S&P 500のバーゲンセールを期待
S&P 500は10月以来の調整入り
S&P 500は引続きメルトアップ
S&P 500は引続き座して押し目待ち
新年のS&P 500
S&P 500は年末を前にメルトアップ 
S&P 500はユーフォリアか出尽くしか 
S&P 500は一瞬だけ調整を見せる 
S&P 500は外部環境を最後まで無視し切れるか
S&P 500は高値圏でグダグダ
S&P 500は最高値でこそ長期投資を始める流れに
S&P 500は売りをこなしながら更に上値を試す
S&P 500は本当に新高値に売りなしに
S&P 500は万人の期待に反してサプライズ上抜けへ
S&P 500はやる気なくレンジ継続
S&P 500はレンジを信じた者を救う

S&P 500はISMで振り落としをかける
S&P 500はトランプ政権のせいですっかりクソゲーに 
S&P 500は7月高値を前に伸び悩む 
S&P 500は全ての懸念の壁を駆け上がる
そしてS&P 500はレンジ上限をブレイク
S&P 500は一気にレンジ下限が危うい形に
S&P 500は雨が降って地合い固まる
S&P 500はリスク非対称なレンジを作る
S&P 500は貿易戦争再開でどこまでクラッシュするか
S&P 500はひたすらクラッシュ雨乞い

S&P 500が利下げ織込みすぎから押すな押すなに
S&P 500が結局浮力に負けてしまうか
 
利下げサイクル開始でドル安に備える局面が近付くか
S&P 500が意外な粘り強さを見せる 
下抜けてもやはり煮え切らないS&P 500 

新高値に売りありS&P 500の煮え切らない調整

S&P 500の新高値に売りありの法則
 
Fedハト化でもS&P 500の勢いが止まる 
S&P 500が最後の関門を突破
S&P 500がH&S右肩近くまで一気呵成 
S&P 500の重要な水準が向こうからやって来る
S&P 500ここから上はさすがに前途多難
ようやく貿易戦争の悪影響の織り込みが終わる
S&P 500のテクニカルの続き 
全てがかかっているS&P 500の右肩 
米株指数を純粋なテクニカルで見る      

この記事は投資行動を推奨するものではありません。



コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット