image
SPX DailySPX Weekly
 先週のS&P 500は全てのヘッドラインを無視してレンジを上に抜けた。一度は追加景気対策を巡る与野党協議の打ち切りにより株は大きく下落したが、大統領選前に通らないだろうと考えていたショート勢の歓喜はぬか喜びに終わった。本ブログも「一方3430レジスタンスも健在であり、引続きレンジの上半分で急いでロングを構築すべきにも見えない」「追加財政合意で3430を一気呵成に抜けた場合は流石にQEも付いてくるだろうから、3200が非常に遠くなったと考えて追いかけるしかなくなるか。逆に大統領選後まで持ち越しとなれば当然短期的に3430突破は非常に難しくなる」としていたが、一度はレジスタンスとしていた3430から綺麗に反落したが、3300中盤まで調整したところで「それでも選挙後にトリプルブルーで追加財政政策が出やすくなるだろう」という期待が繋げられ再び反発し、一気に3430を上に抜けてしまった。「3200 -3430のレンジ」の下半分についてあれこれ考える必要もなかった。

 調整の真っ只中から推していた「200SMA 3100割れは想定できないから3100 -3200は買い場」という話、ゾーンごと見事にサポートになってしまい、3200をかすっただけで今回の調整は終了してしまったようである。その後安値ショートを戒め続けた見方だけは当たり続けている。

Ej857NxU0AA1pPB 
 システマティック投資家の高値でのポジション復元は9月の調整で一度頓挫したものの、そこから毒を食らわば皿までもと言わんばかりにしつこく買い上げている。本ブログはこれらの投資家が2019年ほどのポジションサイズまで回復できるかには懐疑的であるが、今のところ回復のペースは停滞すらしていない。
EjyepE0U0AAtt9N 
 9月のクラッシュ時に一度正相関となったS&P 500先物と国債先物の相関は再び普段通りの逆相関に戻っている。これにより株のリスクを国債のリスクで打ち消すことができるようになるため、システマティック投資家がよりリスクを取りやすくなる。
VIX
VIX Curve
 VIXはレンジの上抜けと共に低下しており、9月中の水準よりも低くなっている。大統領選がある11月分はいまだにコブのように高止まりしているが、そのコブも低くなりつつある。先々週の記事で「大統領選がどちらかに決まるか今のところまさに五分五分であり、郵便投票の集計にも時間がかかるであろうから選挙後の混迷が警戒されている。討論の勝ち負けというよりバイデンが失敗しなければバイデン優勢の織り込みが進み、失敗すればトランプに逆転されそうという構図であるが、夏にバイデン優勢と思われていた期間の指数のパフォーマンスも悪くないので、争いが長引きそうな五分五分、つまり大統領選に限っていうと現状がワーストではないか」としていた通り、とにかく情勢が「五分五分から離れつつある」ので大統領選での不透明感が後退している形となっている。ここからトランプが盛り返せば再びリスクオフが優勢になるだろう。トリプルブルーによる中期的な財政期待と並行して短期的な追加財政出動も変動要因となるが、協議が打ち切られた後に再び再開しており取り合うのもアホらしくなっている。ある程度トラックできる景気の失速や回復と異なり足元はあくまでも政治ネタなのでどちらかに決め打ちするのもギャンブルであり、売り買いどちらも順張りして漫然と放置するのは危険が大きい。
HYG
 ハイイールド債ETFは金利上昇が続いているにも関わらず、S&P 500すら取り戻していない9月高値を更新している。もっともそれだけS&P 500の9月高値がITバブルだったということでもあるが、いずれにしろ金利上昇を期待で埋めづらいハイイールド債すら金利上昇で崩れていない中で金利上昇で株が崩れると期待するのは無理があるだろう。

 テクニカルには、3430を上に抜けたことから9月の調整は3200までで終了した形となる。3600は流石にバブルの水準ではないかと思うものの、チャートがチャートなだけに3600を背にしたショートすら安心感がない。3200は当然サポートとなるが既に遠く、トランプの協議打ち切りが作った週足の短い下ヒゲ3350もサポートとなる。従って3400近辺までの調整があれば押し目買いの買い場となりそう。一方上はこの水準を新規で追いかけたところにまた何らかのヘッドラインでドローダウンしたらアホらしいので、あくまでも押し目を狙いたいところ。3350を割れた場合は3200 -3430レンジに回帰するか。

関連記事

S&P 500は政治ネタに負けず堂々のレンジ継続 
S&P 500は過剰流動性プレイの振り落としが進む 
S&P 500は過剰流動性バブルの解消が続く
S&P 500はモメンタムを折られた形が続く 
S&P 500のITバブルが崩壊 
S&P 500は第二次ITバブルに 
S&P 500は引続き夏休みモード
S&P 500はひたすら夏枯れ

S&P 500は夏枯れの中で淡々と浮上 
S&P 500は再び夏枯れ色が強まる 
S&P 500は強引な持ち上げから失速 
S&P 500は夏枯れに突入するか
S&P 500はレンジ上方で煮詰まる 
S&P 500は再びレンジプレイに戻る 
S&P 500は経済再開・V字回復期待が剥落 
S&P 500はアイランドに頭を押さえ付けられる 
S&P 500のショートカバーが取り残されてしまう
S&P 500は全員参加型ショートカバー
S&P 500は踏み上げ相場が続く
S&P 500は依然グダグダが続く 
S&P 500はグダグダ相場が続く 
S&P 500はショートカバーで浮上
S&P 500は上値の重さを確認 
S&P 500は引続き面白くない高値レンジ 
S&P 500はアニマルスピリットを取り戻し始める 
S&P 500は既に十分な戻り幅を実現 
S&P 500がようやくあまり動かなくなる 
S&P 500は無制限QEに押し流される 
S&P 500は流動性枯渇との戦い
S&P 500はVIXが50を超えるニューノーマルへ 
S&P 500の持込み可試験はそろそろ終わる 
S&P 500は教科書二冊持ち込み可の試験 
S&P 500は再び天井サインが点灯
S&P 500は新高値に釣られず様子見 
S&P 500のバーゲンセールを期待
S&P 500は10月以来の調整入り
S&P 500は引続きメルトアップ
S&P 500は引続き座して押し目待ち
新年のS&P 500
S&P 500は年末を前にメルトアップ 
S&P 500はユーフォリアか出尽くしか 
S&P 500は一瞬だけ調整を見せる 
S&P 500は外部環境を最後まで無視し切れるか
S&P 500は高値圏でグダグダ
S&P 500は最高値でこそ長期投資を始める流れに
S&P 500は売りをこなしながら更に上値を試す
S&P 500は本当に新高値に売りなしに
S&P 500は万人の期待に反してサプライズ上抜けへ
S&P 500はやる気なくレンジ継続
S&P 500はレンジを信じた者を救う

S&P 500はISMで振り落としをかける
S&P 500はトランプ政権のせいですっかりクソゲーに 
S&P 500は7月高値を前に伸び悩む 
S&P 500は全ての懸念の壁を駆け上がる
そしてS&P 500はレンジ上限をブレイク
S&P 500は一気にレンジ下限が危うい形に
S&P 500は雨が降って地合い固まる
S&P 500はリスク非対称なレンジを作る
S&P 500は貿易戦争再開でどこまでクラッシュするか
S&P 500はひたすらクラッシュ雨乞い

S&P 500が利下げ織込みすぎから押すな押すなに
S&P 500が結局浮力に負けてしまうか
 
利下げサイクル開始でドル安に備える局面が近付くか
S&P 500が意外な粘り強さを見せる 
下抜けてもやはり煮え切らないS&P 500 

新高値に売りありS&P 500の煮え切らない調整

S&P 500の新高値に売りありの法則
 
Fedハト化でもS&P 500の勢いが止まる 
S&P 500が最後の関門を突破
S&P 500がH&S右肩近くまで一気呵成 
S&P 500の重要な水準が向こうからやって来る
S&P 500ここから上はさすがに前途多難
ようやく貿易戦争の悪影響の織り込みが終わる
S&P 500のテクニカルの続き 
全てがかかっているS&P 500の右肩 
米株指数を純粋なテクニカルで見る

この記事は投資行動を推奨するものではありません。



コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。