SPX DailySPX Weekly
 先週は朝一からファイザーのワクチンのヘッドラインに翻弄された。先週の記事は目線を上に変え「小休止を経て3550をも上にブレイクした場合はVIXによるシステマティック買いの押し出しとシーズナリティから付いて行かざるを得ない」としていたが、週明けから飛び付く機会もなかった。もっとも、その後は経済再開が株高に直結するという解釈には必ずしもならなかったようであり、ウェイトの大きいテック株を中心に調整に押されたため指数も調整に巻き込まれた。もっとも3550近辺はさすが突破した保ち合いの上限なだけあってサポートとしても強力であり、3600台からの下落を難なくキャッチした。

EmtuiVkXEAIBzah
 ファンドフローとしては近来ないペースで株への流入が加速している。1週間で44.5 bio USDが投げ込まれたとのことである。
IMG_6416 
 これを裏付けるようにGSのセンチメントインジケーターは一気にブルに傾いている。投資信託の投資家はワクチンのニュースで強く鼓舞されたようである。
JobTracker
Emud7HjW4AAtMZ8
 ファンダメンタルズ。高頻度データを見ると景気の回復は一服している。
IMG_6478
 夏の指数の上げを裏付けたシティエコノミックサプライズも反落している。もっとも絶対値は依然高い。しかし現実に起きているのはあくまでも債券安株高であり、足元のファンダメンタルズの調整入りはあまり材料視されていない。ワクチンに期待して将来まで射程に収めるか足元のロックダウン懸念をプレイするかで日替わりしている上に、どちらが株高要因かまであやふやになっている。
SPY
 テクニカルには9月以来のトライアングル保ち合いが上にブレイクされた形となる。3600台は流石に重かったが3500台の押し目買いの強さにより週足上ヒゲ陰線にはならず、調整が長引くパターンは示唆されていない。とはいえ出来高を見ると3600台を掴んだ参加者もそれなりにいるため、3600台は天井にはならなそうとはいえそれなりの重さも見せる可能性がある。とすると短期的には3500 -3650のレンジをイメージすることになるか。
VIX
 VIXはイベント通過後の低下が止まらない。指数が多少調整したところで30台は遠そうに見え、とすると何も起きなければシステマティック系の買いが押し出されそうに見える。年末までのシーズナリティも相まって値ごろ感ショートは引続き禁物である。
HYG
 金利は引続き高止まりしているが、インフレ耐性のないハイイールド債すら金利上昇で崩れていないのに、金利の高止まり「によって」株が崩れると期待するのは分が悪い。リスクオフがやってくるとすればあくまでも金利低下と共にではないか。

関連記事

S&P 500はとにかく大統領選を通過
S&P 500は大統領選前フライングを振り落とす 
S&P 500は大統領選を前にレンジ継続
S&P 500は史上最高値に再チャレンジ
S&P 500はバイデントレードでレンジを上抜け 
S&P 500は政治ネタに負けず堂々のレンジ継続 
S&P 500は過剰流動性プレイの振り落としが進む 
S&P 500は過剰流動性バブルの解消が続く
S&P 500はモメンタムを折られた形が続く 
S&P 500のITバブルが崩壊 
S&P 500は第二次ITバブルに 
S&P 500は引続き夏休みモード
S&P 500はひたすら夏枯れ

S&P 500は夏枯れの中で淡々と浮上 
S&P 500は再び夏枯れ色が強まる 
S&P 500は強引な持ち上げから失速 
S&P 500は夏枯れに突入するか
S&P 500はレンジ上方で煮詰まる 
S&P 500は再びレンジプレイに戻る 
S&P 500は経済再開・V字回復期待が剥落 
S&P 500はアイランドに頭を押さえ付けられる 
S&P 500のショートカバーが取り残されてしまう
S&P 500は全員参加型ショートカバー
S&P 500は踏み上げ相場が続く
S&P 500は依然グダグダが続く 
S&P 500はグダグダ相場が続く 
S&P 500はショートカバーで浮上
S&P 500は上値の重さを確認 
S&P 500は引続き面白くない高値レンジ 
S&P 500はアニマルスピリットを取り戻し始める 
S&P 500は既に十分な戻り幅を実現 
S&P 500がようやくあまり動かなくなる 
S&P 500は無制限QEに押し流される 
S&P 500は流動性枯渇との戦い
S&P 500はVIXが50を超えるニューノーマルへ 
S&P 500の持込み可試験はそろそろ終わる 
S&P 500は教科書二冊持ち込み可の試験 
S&P 500は再び天井サインが点灯
S&P 500は新高値に釣られず様子見 
S&P 500のバーゲンセールを期待
S&P 500は10月以来の調整入り
S&P 500は引続きメルトアップ
S&P 500は引続き座して押し目待ち
新年のS&P 500

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。


この記事は投資行動を推奨するものではありません。



コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。