SPX DailySPX Weekly
 先週のS&P 500はレンジ内の上昇が続いた。先週の記事では「3500 -3650のレンジは続いているがどちらに抜けるか。上に抜けた場合はもう少し視野が開けそうであり、再び3500割れがなくなる前提で追いかけないとその後の対処が難しくなりそう。一方下に抜けても下では押し目買いの方圧力の方が大きそうである」としていたが、レンジ上半分での推移が続いている。
 
VIX
 VIXは様々な不確実性を通過して低下が止まらない。金曜には一時コロナショック後初の20割れを付けた。コロナが残っている以上2018年のようにサブ10を付けるのは時期尚早に見えるが、代わりに来年になれば関税などで世間を騒がせてきたトランプ大統領が退場するので2019年並みの低さは十分考えられるだろう。とすれば先週の記事で取り上げたマクロポジティブサプライズが一服しても、脳のない買いが押し出される可能性が高い。ただし今のところはリスクパリティの再出動は見られていない。

  テクニカルには大きなトライアングルの上抜けに小さなトライアングル上抜けが続いた形となる。ただ水準としては過去最高値3650をまだ抜けていない。とはいえ先々週の週足上ヒゲ陰線の上ヒゲはブレイクされた形なので、3500 -3650レンジを3530 -3650くらいに引き上げることはできそうだ。3650ブレイクまでは高値を追いかけずどこまでエントリーを引き付けられるかが問われることになるが、もしブレイクしたら付いて行くしかないのは先週の記事と変わらない。ファンダメンタルズの改善一服は続いており、指数が上抜けするとすればやはり確信犯的な買い上げによるものとなるだろう。

関連記事

S&P 500は高値圏で停滞 
S&P 500はワクチンに翻弄される
S&P 500はとにかく大統領選を通過
S&P 500は大統領選前フライングを振り落とす 
S&P 500は大統領選を前にレンジ継続
S&P 500は史上最高値に再チャレンジ
S&P 500はバイデントレードでレンジを上抜け 
S&P 500は政治ネタに負けず堂々のレンジ継続 
S&P 500は過剰流動性プレイの振り落としが進む 
S&P 500は過剰流動性バブルの解消が続く
S&P 500はモメンタムを折られた形が続く 
S&P 500のITバブルが崩壊 
S&P 500は第二次ITバブルに 
S&P 500は引続き夏休みモード
S&P 500はひたすら夏枯れ

S&P 500は夏枯れの中で淡々と浮上 
S&P 500は再び夏枯れ色が強まる 
S&P 500は強引な持ち上げから失速 
S&P 500は夏枯れに突入するか
S&P 500はレンジ上方で煮詰まる 
S&P 500は再びレンジプレイに戻る 
S&P 500は経済再開・V字回復期待が剥落 
S&P 500はアイランドに頭を押さえ付けられる 
S&P 500のショートカバーが取り残されてしまう
S&P 500は全員参加型ショートカバー
S&P 500は踏み上げ相場が続く
S&P 500は依然グダグダが続く 
S&P 500はグダグダ相場が続く 
S&P 500はショートカバーで浮上
S&P 500は上値の重さを確認 
S&P 500は引続き面白くない高値レンジ 
S&P 500はアニマルスピリットを取り戻し始める 
S&P 500は既に十分な戻り幅を実現 
S&P 500がようやくあまり動かなくなる 
S&P 500は無制限QEに押し流される 
S&P 500は流動性枯渇との戦い
S&P 500はVIXが50を超えるニューノーマルへ 
S&P 500の持込み可試験はそろそろ終わる 
S&P 500は教科書二冊持ち込み可の試験 
S&P 500は再び天井サインが点灯
S&P 500は新高値に釣られず様子見 
S&P 500のバーゲンセールを期待
S&P 500は10月以来の調整入り
S&P 500は引続きメルトアップ
S&P 500は引続き座して押し目待ち
新年のS&P 500 

この記事は投資行動を推奨するものではありません。



コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。