IMG_7188SPX DailySPX Weekly
 先週のS&P 500は米国の財政協議とBrexit協議という二つの政治的な茶番に振らされる週となった。FBが独禁法違反で提訴されたのをきっかけに週半ばにアウトパフォームしていたナスダックが利食いに押されて崩れ、更にBrexitの悲観的なヘッドラインが下値を叩いたが、日足ベースでは下を叩いても押し目買いに跳ね返される展開となっている。元々「3650をブレイクしたら付いていかないとその後の対処が難しくなる」としていたが、現実には3650近辺でウロウロしてしまっている。もっともサポートとしていた3600はまだまだ遠い。

VIX
 VIXは指数の調整と共に20近辺から跳ね返っているが、この程度の上昇ではハチの巣を突っつくことにはならないだろう。
IMG_7218
 野村によるとCTAは(ダウやラッセルから興味をシフトする形で)再び高値圏でナスダック先物のロングを積み上げている。もっとも8月ほどは極端に積み上げていないようであるが、コストがどんどん上がっていくのも厭わない買い方のようである。今更春や夏のように(ワクチンや財政などの)ファンダメンタルズのグッドサプライズで1日に何%も上がることはなさそうだしショートカバーの需要もたかが知れているので、指数の上値追いはこういう確信犯的な買い上げにかかっているようなものである。

 テクニカルにはナスダックの調整でナスダック中心の確信犯的な上値追いにやや水を差された形となるが、やや下がったところでは日足が下ヒゲ陽線を連発しており、またその結果週足上ヒゲ陰線も回避された。3600は引続きサポートとなるのでまったりと構えるのが吉か。Brexitなど政治的なヘッドラインでは下を叩き切れなそう、というより下を叩くとナスダックが浮いてきそうである。米金利はしばらくぶりの勢いで低下してきているためリオープンプレイはやりづらそう。FOMCに向けては期待が先行しそうであるが、クレジット周りのファシリティ終了と引き換えに金利・量の方で何らかのアクションがないと失望されやすいように思えつつも、先週末から金利の方の悲壮感がなくなったため金利上昇・株バブル崩壊の組合せは遠のいた気がする。Brexitは12月に入って急にHard Brexitリスクが高まっているが、なったら押し目ができるという程度のインパクトに終わりそう。ただ利食いが待ち構えていないSPACなど有象無象のような勢いでGAFAなどもカチ上げられないかなと期待しようにもそういう予感も特にせず、押し目でショートをトラップしないまま上方向に向かったところでせいぜいじり高か。

関連記事

S&P 500はレンジ上方に確信犯チャレンジ
S&P 500はレンジ内高値に確信犯チャレンジ 
S&P 500は高値圏で停滞 
S&P 500はワクチンに翻弄される
S&P 500はとにかく大統領選を通過
S&P 500は大統領選前フライングを振り落とす 
S&P 500は大統領選を前にレンジ継続
S&P 500は史上最高値に再チャレンジ
S&P 500はバイデントレードでレンジを上抜け 
S&P 500は政治ネタに負けず堂々のレンジ継続 
S&P 500は過剰流動性プレイの振り落としが進む 
S&P 500は過剰流動性バブルの解消が続く
S&P 500はモメンタムを折られた形が続く 
S&P 500のITバブルが崩壊 
S&P 500は第二次ITバブルに 
S&P 500は引続き夏休みモード
S&P 500はひたすら夏枯れ

S&P 500は夏枯れの中で淡々と浮上 
S&P 500は再び夏枯れ色が強まる 
S&P 500は強引な持ち上げから失速 
S&P 500は夏枯れに突入するか
S&P 500はレンジ上方で煮詰まる 
S&P 500は再びレンジプレイに戻る 
S&P 500は経済再開・V字回復期待が剥落 
S&P 500はアイランドに頭を押さえ付けられる 
S&P 500のショートカバーが取り残されてしまう
S&P 500は全員参加型ショートカバー
S&P 500は踏み上げ相場が続く
S&P 500は依然グダグダが続く 
S&P 500はグダグダ相場が続く 
S&P 500はショートカバーで浮上
S&P 500は上値の重さを確認 
S&P 500は引続き面白くない高値レンジ 
S&P 500はアニマルスピリットを取り戻し始める 
S&P 500は既に十分な戻り幅を実現 
S&P 500がようやくあまり動かなくなる 
S&P 500は無制限QEに押し流される 
S&P 500は流動性枯渇との戦い
S&P 500はVIXが50を超えるニューノーマルへ 
S&P 500の持込み可試験はそろそろ終わる 
S&P 500は教科書二冊持ち込み可の試験 
S&P 500は再び天井サインが点灯
S&P 500は新高値に釣られず様子見 
S&P 500のバーゲンセールを期待
S&P 500は10月以来の調整入り
S&P 500は引続きメルトアップ
S&P 500は引続き座して押し目待ち
新年のS&P 500 

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。


この記事は投資行動を推奨するものではありません。



コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。