IMG_7282SPX Daily
SPX Weekly
 先週のS&P 500はじり高となった。先週の記事では「FOMCに向けては期待が先行しそうであるが、クレジット周りのファシリティ終了と引き換えに金利・量の方で何らかのアクションがないと失望されやすいように思えつつも、先週末から金利の方の悲壮感がなくなったため金利上昇・株バブル崩壊の組合せは遠のいた気がする」としていたが、果たしてFOMCでFedは大した言質を与えなかったが金利も株にも特にインパクトはなかった。
EplISQVW4AEgBl_  
EpiAXKKVgAYezJm
 金曜はQuadruple Witching Day(株式指数先物、株式指数オプション、個別株先物、個別株オプションが同時に満期を迎える日)とテスラ株のS&P 500組入れが重なった。前者は出来高の激増に繋がり、後者はS&P 500銘柄からテスラ株へのリバランスが発生する。更にSPYの配当落ちも重なったようである。もっともそれらもNY時間日中の下押し要因になったものの引けにかけては買い戻されている。

EppsQFGVgAA15SF
Epp0e1TVgAA9SZs
 指数の上昇にもかかわらずVIXが下がって来ないのがだんだん気になってきた。VIXが連続して20より上で引けた日はコロナショック以来200日に達しており、これは1990年以来4回しかない。最高値を更新しながらVIXが高止まりした前例は1999年のITバブルしかないが、やはり相場が上を目指すにはITバブルを確信犯的になぞっていくしかない。
Eo4I4EUW8Ac5ZH2
 先週取り上げたナスダックと同様S&P 500の方でもCTAがコストを引き上げながら買い上げている形に見える。VIXの10台突入が持ち越しになる中(もちろん売りに回るほどではないにしろ)リスクパリティの上値追いはお預けとなっていると思われ、しばらく確信犯的な参加者のみが上値追いの主役になりそうである。

 ファンダメンタルズ的にはFOMCは金利上昇イベントとならないまま通過したことにより米金利上昇懸念は消滅した。米国の給付金第二弾がようやく採決に向かいそうなところで早速賞味期限切れ感を出しており、恐らく採決通過もリスクオン材料とならない。新型コロナの変異懸念とHard Brexit懸念といったバッドニュースだけが残っていてリスクオフが優勢な形となるが、引続きファンダメンタルズはよくも悪くも材料視されるのは初動のみではないかと思われる。テクニカルには金曜最後の買戻しのおかげで週足は下ヒゲ陽線となっている。先週までの3600から3645までサポートが上がっており、3600台でどこまで深く押し目を拾えるか。もし3645を下回った場合はもう少し調整が長引きそうである。

関連記事

S&P 500はレンジ上方で政治ネタを消化
S&P 500はレンジ上方に確信犯チャレンジ
S&P 500はレンジ内高値に確信犯チャレンジ 
S&P 500は高値圏で停滞 
S&P 500はワクチンに翻弄される
S&P 500はとにかく大統領選を通過
S&P 500は大統領選前フライングを振り落とす 
S&P 500は大統領選を前にレンジ継続
S&P 500は史上最高値に再チャレンジ
S&P 500はバイデントレードでレンジを上抜け 
S&P 500は政治ネタに負けず堂々のレンジ継続 
S&P 500は過剰流動性プレイの振り落としが進む 
S&P 500は過剰流動性バブルの解消が続く
S&P 500はモメンタムを折られた形が続く 
S&P 500のITバブルが崩壊 
S&P 500は第二次ITバブルに 
S&P 500は引続き夏休みモード
S&P 500はひたすら夏枯れ

S&P 500は夏枯れの中で淡々と浮上 
S&P 500は再び夏枯れ色が強まる 
S&P 500は強引な持ち上げから失速 
S&P 500は夏枯れに突入するか
S&P 500はレンジ上方で煮詰まる 
S&P 500は再びレンジプレイに戻る 
S&P 500は経済再開・V字回復期待が剥落 
S&P 500はアイランドに頭を押さえ付けられる 
S&P 500のショートカバーが取り残されてしまう
S&P 500は全員参加型ショートカバー
S&P 500は踏み上げ相場が続く
S&P 500は依然グダグダが続く 
S&P 500はグダグダ相場が続く 
S&P 500はショートカバーで浮上
S&P 500は上値の重さを確認 
S&P 500は引続き面白くない高値レンジ 
S&P 500はアニマルスピリットを取り戻し始める 
S&P 500は既に十分な戻り幅を実現 
S&P 500がようやくあまり動かなくなる 
S&P 500は無制限QEに押し流される 
S&P 500は流動性枯渇との戦い
S&P 500はVIXが50を超えるニューノーマルへ 
S&P 500の持込み可試験はそろそろ終わる 
S&P 500は教科書二冊持ち込み可の試験 
S&P 500は再び天井サインが点灯
S&P 500は新高値に釣られず様子見 
S&P 500のバーゲンセールを期待
S&P 500は10月以来の調整入り
S&P 500は引続きメルトアップ
S&P 500は引続き座して押し目待ち
新年のS&P 500 

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。


この記事は投資行動を推奨するものではありません。



コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。