Erxi7JIXcAIYs1D
SPX Daily
SPX Weekly
 先週のS&P 500は利食いモードが続き値動きはパッとしなかった。金利上昇が止まらない中やや神経質な値動きが続き、連日の関係者のテーパリング示唆発言の火消しが期待されていたパウエル議長講演は実際に火消しとなったが特にゴルディロックスバブル再開には繋がらず、続いてバイデンが発表した1.9兆ドル景気対策案も白けたリアクションで迎えられた。週足はヒゲが大変短いものの小さな上ヒゲ陰線となった。先週の記事で重視した確信犯的な買いは息切れした形となる。

ErstuvyW4AIMh63
Ersu6ybXYAE4KdW
 野村によるとCTAはダウ先物とナスダック先物の双方でポジションを拡大しつつある。金利上昇に呼応するように9月対比でもダウの追いかけ方の方が積極的であり、ナスダックの方は9月ほど積み上げていない。
Er7KTlOVcAE-t7A
 このテックからのシフトは値動きにも現れている。やや古いチャートになってしまうが秋以来GAFAM (FAAMG)は指数よりも弱い。民主党が選挙で勝ってから規制強化なども警戒されていて他のセクターにシフトしやすい流れが続いている。
ErxNtmXVcAMQBEr
 コールオプションの出来高は秋よりも盛り上がっている。個人が再び元気になってきたようである。

 ファンダメンタルズ的には寒くなるに伴い欧州が再びロックダウンに入ってきた。米銀決算への期待ハードルは高かったようで、またパウエル議長講演もバイデン景気対策発表も通過したまま白けているとなるとファンダメンタルズ的に上を狙うきっかけがISM製造業を最後に見当たらなくなっている。マクロなリスクオフで金利が下がった方がナスダックが浮上して反転しやすいパターンもあったが、最近のGAFAMの地合いを見ているとそんな力もなさそうにも見える。先週の記事で述べたようにVIXも値動きを後追いするだけならシステマティック投資家が急に出てくる気もあまりしない。個人投資家だけは給付金が続くと買い余力が出てきそうである。

 テクニカルには新しい上ヒゲの3825がレジスタンスになり、3630 -3825のレンジに移行するか。「大統領選通過後も2%程度の振り落としはちょくちょく来ているため、あまり高いコストで新規ロングを作ると右往左往させられそうに見える」としていたような振り落としがまた来やすそうな雰囲気に見える。しかし3630もまだまだ遠く、万が一後で3825の上で買い戻すかどうか迷うことになるのもアホらしいので、細々としたポジションなら下を叩くほどでもなさそうだ。

関連記事 

新年早々S&P 500で確信犯的な買いが炸裂
S&P 500は年末の閑散さへ  
S&P 500は確信犯とバッドニュースの戦い

S&P 500はレンジ上方で政治ネタを消化
S&P 500はレンジ上方に確信犯チャレンジ
S&P 500はレンジ内高値に確信犯チャレンジ 
S&P 500は高値圏で停滞 
S&P 500はワクチンに翻弄される
S&P 500はとにかく大統領選を通過
S&P 500は大統領選前フライングを振り落とす 
S&P 500は大統領選を前にレンジ継続
S&P 500は史上最高値に再チャレンジ
S&P 500はバイデントレードでレンジを上抜け 
S&P 500は政治ネタに負けず堂々のレンジ継続 
S&P 500は過剰流動性プレイの振り落としが進む 
S&P 500は過剰流動性バブルの解消が続く
S&P 500はモメンタムを折られた形が続く 
S&P 500のITバブルが崩壊 
S&P 500は第二次ITバブルに 
S&P 500は引続き夏休みモード
S&P 500はひたすら夏枯れ

S&P 500は夏枯れの中で淡々と浮上 
S&P 500は再び夏枯れ色が強まる 
S&P 500は強引な持ち上げから失速 
S&P 500は夏枯れに突入するか
S&P 500はレンジ上方で煮詰まる 
S&P 500は再びレンジプレイに戻る 
S&P 500は経済再開・V字回復期待が剥落 
S&P 500はアイランドに頭を押さえ付けられる 
S&P 500のショートカバーが取り残されてしまう
S&P 500は全員参加型ショートカバー
S&P 500は踏み上げ相場が続く
S&P 500は依然グダグダが続く 
S&P 500はグダグダ相場が続く 
S&P 500はショートカバーで浮上
S&P 500は上値の重さを確認 
S&P 500は引続き面白くない高値レンジ 
S&P 500はアニマルスピリットを取り戻し始める 
S&P 500は既に十分な戻り幅を実現 
S&P 500がようやくあまり動かなくなる 
S&P 500は無制限QEに押し流される 
S&P 500は流動性枯渇との戦い
S&P 500はVIXが50を超えるニューノーマルへ 
S&P 500の持込み可試験はそろそろ終わる 
S&P 500は教科書二冊持ち込み可の試験 
S&P 500は再び天井サインが点灯
S&P 500は新高値に釣られず様子見 
S&P 500のバーゲンセールを期待
S&P 500は10月以来の調整入り
S&P 500は引続きメルトアップ
S&P 500は引続き座して押し目待ち
新年のS&P 500 

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。


この記事は投資行動を推奨するものではありません。



コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。