-1x-1
china PMI mfg

 2月の中国公式PMIは製造業、非製造業ともに分岐点スレスレまで落ち込んでいる
China PMI
 公式製造業PMIは毎年春節のある2月に前月比で落ち込む傾向があり過度に重視すべきではないという見方もできる。
Passenger
 サービス業の方は建設業が最も不調が目立ったが、本ブログでとりあげたように旧正月の民族大移動が抑制された影響もありそうだ。輸出新規注文もやや落ち込んでおり、これは海外のリモートワーク需要が一巡したからか、それとも海外の生産も回復して中国製品への依存度が下がったからか。
IMG_8748
 シティエコノミックサプライズ指数中国版と2020年6月以来のマイナス域に突入している。
China credit 10Y TSY ES 2021-03-01_7-11-39
EunSzsyWQAMlKtW
EvXCLL6U4AQjiZv
 経済成長の源であるクレジットインパルスはコロナ後の経済対策のおかげで大きく伸びてきたが、足元は引締めがやや優勢となっている。SogGenの予想では更なるインパルスの低下が見込まれている。中国が再び2018年と同様のデレバレッジ運動が再開する可能性が高く、そうなればグローバル景気回復は中国発から他国にドライバーのバトンに渡すことになりそう。もっとも2018年にデレバレッジ運動が中国経済に与えた損害を追いかけても特に得るものがなかったように、中国国内の景気はともかくグローバルで悪さをするほどにはならないだろう。
EtxfqhYXcAAICU9
 企業預金のM1はまだ増えており、クレジットインパルスが鈍ってもさすがに流動性には悪影響が出ていない。

関連記事

中国はしばらく対コロナで肉弾戦を続行
中国の個人向け支援の少なさが可視化される
中国の個人消費は引続き弱い上に二極分化
中国がインフラ投資主導の刺激策に立ち戻る模様 
ポストコロナに供給過多デフレに陥りつつある中国 
中泰証券が中国失業率の闇を突っついてしまう

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。


この記事は投資行動を推奨するものではありません。



コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。