関連記事

再びJREIT暴落が取り沙汰される : 金利とセンチメントから資産価格を考えるブログ

null


IMG_5785
    JREIT ETFである1343で毎日下落とともに出来高が増えている。投信解約や個人の投げがいよいよ加速しているのか。
 この相場の苦しいところは、地銀の損切りが控えているのが万人に明らかで、しかも下がれば下がるほどその確度が高くなる点だ。前回もセリングクライマックス前に出来高の増加と共に出来高が増加していた。

 ファンダメンタルズは全く問題がないためセリンククライマックス待ち。このプロダクトは材料が頻繁に出てこない分、上げも下げもモメンタム性が強いため、根気強さが必要である。

この記事は投資行動を推奨するものではありません。



コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。