Get Ready for Great Bond Bust of 2020

The "global savings glut" is perhaps the most famous theory behind the three-decade slump in bond yields. That glut has stopped growing, and will start shrinking in a few years, in a potential game changer for markets, Gavekal Capital Ltd. research indicates.

   センセーショナルな題名は無視するとして、人口動態から金利を解釈した記事。人間が一生で貯蓄過剰となるのは35 -64歳の間だが、この層にいる人口は(少子化が始まったばかりのため)世界的に多かったのが、今後(高齢化に伴って)薄くなるため、世界の家計の貯蓄率が下がって行く。それに伴って金利は反転上昇、株は割高に見えてくるだろうという壮大なスケールの話。高齢化は一般的に(低成長、及び生命保険の負債長期化で)金利低下要因とされていたため、興味深い視点ではある。

この記事は投資行動を推奨するものではありません。



コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。