米中景気の連動のハブである中国PPIが、李克強指数と同じように二番天井を付けてから低下を始めている。これも明らかに中国当局の強烈な金融・不動産引締めによるものであり、冬が近づくにつれて環境規制に力が入っていることも、工場の生産活動に低下圧力をかけている

China PPI
    PPI(上)と李克強指数(下)keqing bbg
 まだまだ余裕のプラス圏なのでデフレにはほど遠いが、中国の景気が一足先に頭を打っていることは、米国製造業景況感と米金利の低下要因となる。これを米国の減税景気でカバーできるかどうかが注目となる。

関連記事

2017年10月の李克強指数が久々の急低下
理財商品の元本保証禁止という当たり前な規制が始まる
消費者ローンで住宅を買うという狂気
中国が地方インフラ開発を1000件近く中断させる
金利上昇が上海株に何度目かの揺さぶりをかける
中国不動産投資がさらに冷え込む 
中国の景況感がやや足踏み
中国のマイクロコントロールがいよいよ計画経済の域に
PBOC引締め(5) 重厚長大産業の減速
PBOC引締め(4) 中国不動産バブルの沈静化
PBOC引締め(3) インターバンク狙い撃ち
PBOC引締め(2) チャイナショックを振り返る
PBOC引締め(1) 人民元相場の安定化 

この記事は投資行動を推奨するものではありません。



コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。