FSA

 金融庁暴露本の著者が、コラム形式で世の中の投資話に一個一個ダメ出ししていくスタイルの本をまた出している。仮想通貨やICOを含めた、我々の視野に入っている最新の投資先の大半が網羅されていて驚いた。金融庁の中の人はここまで調べ上げているのか。ライフハックとしても役に立ちそうなので、ネタバレにならない程度にまとめてみた。小噺は飛ばしている。

投資信託(アクティブ・インデックス・ETF)

 投資信託が金融庁の「金融レポート」にボコボコにされているのを再現。

ロボットアドバイザー

 仕組みと主要各社(テオ、ウェルスナビ、MSV LIFEなど)の特徴。合わせてその他の有象無象も。

損害保険/医療保険/生命保険/トンチン保険/所得保障保険・就業不能保険/少額短期保険

 保険は宝くじを鏡に映して裏返したものという見方は新しい。様々な損害保険、生命保険の損害率(保険金と調査費用 / 加入者保険料)の業界平均が挙げられている。

貴金属投資

 専門のアナリストが3人しかいない。それ以外は国際的なインナー情報を持っていない。あとは金を使った節税ネタで、ガセと本当に節税になる方法をそれぞれ。

クラウドファンディング・ソーシャルレンディング

 この辺りは、やはり「この金余り時代になぜ銀行から借りないのか」を押さえることが大事。

仮想通貨

 通貨になるには国家や企業の保証が必要。この辺りは金融業界の人の王道的な考え方。
 「仮想通貨そのもの」「ブロックチェーンという技術」「モバイル決済サービス」の三つは別物。
 金融庁含め規制当局がルール整備に急ぐのはあくまでもテロ・脱税対策であり、成長産業としてみているか、実態が伴っているかの判断は二の次。

ICO

 株式と違ってホワイトペーパーには規制当局チェックが入らない。
 金主から見切りをつけられて、資金繰りが詰んだ企業が利用する可能性に注意。
 サービス利用権購入型(仮想通貨・ポイント型、会員権型、ブリカ型)・出資金型という分類。
 日本のICO事例の解説(ALIS、テックビューロ、ファントムAIとQUOINE)

ESG投信

 どうやってESG企業を認証するのかという問題。ついでに参入障壁としてのJIS批判。

外貨投資・外債投資

 日本経済が堅調で円高なら若干元本割れしても致命的にならない。日本経済がダメダメになって円安なら持っていないと困る。この辺りは「円安=好景気」という世の中の常識からやや外れる。時間軸が長いからか。

その他・売ってみる側になってみた(ら案外儲からない)・ブログのステマなど

  なお本人も「金融庁はどこへ行くのか」ブログの内容の焼き直しと言っているので、本代を節約してブログの方を自力で漁るのも良いだろう。

この記事は投資行動を推奨するものではありません。



コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。