カテゴリ: REIT

 元より本ブログはJREITは買いか押し目買いか買い場探ししか書いたことがなかったが、にしても4月初頭の押し目でJREITの上抜けを予想する記事は気持ち良いくらい当たった。あれからJREIT指数は少なくとも7%は一直線に上がっている。「震災を起点に2011年に1波〜2波、アベノ ...

 12月の株クラッシュの前に本ブログはJREITのアウトパフォームを取り上げたが、その後のJREITは一回小さな調整を挟んでから急騰した。「年末にかけて徐々にTOPIX対比でのアウトパフォームが明瞭となり、足元では安定から上抜けのチャートを作っている」「地銀は一方で預金を ...

 2017年の毎月分配型投信や地銀の投げへの憶測で売り込まれたところから反発して以来、JREITは2018年を通して株が上がっても下がっても安定飛行感があったが、年末にかけて徐々にTOPIX対比でのアウトパフォームが明瞭となり、足元では安定から上抜けのチャートを作っている ...

 11月の底で拾いそびれたまま上昇してしまったJREITが、年明けと共に二段目のロケットに乗っている。為替、金利相場では日銀のテーパリングが話題になっているが、金利上昇が悪材料であるはずのJREITは全く気にしていないようだ。 ...

 夏からずっと注目しながらも需給とセンチメントの悪さから買いエントリーを先延ばしにしてきたJREITだが、11月末からの大反発でせっかくのチャンスを全て他人に攫われてしまった。「地銀の損切りが控えているから」という印象が強すぎて安値圏では全く動けなかった。他人の ...

 いよいよ下落が加速するJREITについて、日経が提灯記事を書いている。 REIT相場に上昇期待 年末にかけマネー還流不動産投資信託(REIT)相場にじわり上昇期待が高まっている。毎月分配型の投資信託の売りに押されて下落が続く状況には変わりないが、下値では長期 ...

関連記事 賃料下落がJREIT投資家の心を揺さぶる : 金利とセンチメントから資産価格を考えるブログnull ...

新築オフィス賃料下落 東京3年ぶり、大量供給控えオフィスビル賃料の天井感が強まっている。日本経済新聞社のオフィスビル賃貸料調査によると、2017年下期の東京の新築ビル(築後1年未満)の賃料を示す指数は、下期では3期ぶりに前年同期を下回った。好業績の企業がオフ ...

関連記事 再びJREIT暴落が取り沙汰される : 金利とセンチメントから資産価格を考えるブログnull     JREIT ETFである1343で毎日下落とともに出来高が増えている。投信解約や個人の投げがいよいよ加速しているのか。 ...

関連記事 JREITに投資妙味が出てきた : 金利とセンチメントから資産価格を考えるブログnull  7月の記事を書いた後JREITはすぐさま反騰したが、そこからは新規の買いが続かないなか投信の解約売りがチリのように降り積もっており、再び下落トレンドに復帰している。最近に ...

↑このページのトップヘ