カテゴリ: 投資一般

 株式指数が調整した時、底を見極めるのに出来高を利用する場合がある。下がった後に出来高が大きく膨らめば、ぶん投げがニューエントリーの人達にキャッチされて「コストの悪いロングが振り落とされて、代わりにコストの良いニューロングが増える」ので需給は改善する。ニ ...

 金融庁が29行の都銀地銀に提出させたデータを元に作った「投資信託の販売会社における比較可能な共通KPIを用いた分析」が話題を呼んでいる。中でも「主要行9行と地方銀行20行の窓口で投信を買った客全員の今年3月末と購入時の投信の評価額を比べた。顧客が払う手数料も引き ...

 米国の短期金利が上昇を続けてきた中で、2017年年末頃に短期金利の代表的指標である2年金利がS&P 500企業の株式配当利回りを上回った。この関係性をロバート・シラー教授、ジェレミー・シーゲル教授や有名ファンドマネージャーのジェフリー・ガントラックなど錚々たるメン ...

 海外で何らかのショックがあると、日本株は急落することが多い。例えば米株指数が3%下がっている時に日本株指数は平気で4%, 5%下がることがあり、往々にしてショックの発生国よりも売り込まれることがある。これを説明するのに、海外の投機的参加者が多いだの日本企業の収 ...

 米株が狂い上げしている。去年から景気循環調整後の株価収益率(CAPE Ratio, 俗に言うシラーPER)が30を超え、割高であると言い出す人が増えているが、2018年に入って割高なものがどんどん上昇して更に割高になっている。 ...

 2017年も残り少なくなってきたところで、ゴールドマン・サックスが2018年の七大有望トレードを紹介している。 Here Are Goldman's Top Trades for 2018In 2018, Goldman Sachs Group Inc. is doubling down on the global economy. "Late-cycle optimism" is the chief the ...

 ここ元株高が続いているが、新聞でもネットでも株が上がっても庶民には関係ないという声が大きい。これはただの無知か、それともちゃんとした経験知なのか。 ...

武者陵司 「究極のポジティブサプライズ、"白いブラックスワン"の飛翔」 | 市況 - 株探ニュースブラックスワン(あり得ないと思われていることが実際に起きること)は、ダウンサイドのみにあるのではない。誰もが予想しないアップサイドが実際に起きることもあるはずである ...

Fear & Greed Index - Investor Sentiment - CNNMoneyFear & Greed is CNNMoney's investor sentiment tool that comprises of 7 markets indicators. バフェットの格言  CNNMoneyが計算している恐怖強欲指数(Fear & Greed Index)が最近話題になっている。ブルベア指数は ...

↑このページのトップヘ