カテゴリ: S&P 500

 先週のS&P 500はテスラの大型受注から急騰し時価総額が大きく膨らんだのを受けて上値追いセンチメントが煽られた。先週の記事では新高値に売りなしとしていたものの、NAAIMを見て少し調整しないといけないではないかとしていたのは余計だった。週半ばには小さな調整が行わ ...

   先週のS&P 500は結局続伸して過去最高値を更新した。調整が1ヶ月以上かかった割りには戻りは速く、2週間以内に全戻しすることになった。「2週間のレンジを経て4450を上抜けており、9月中旬に始まったスタグフ懸念 +中国発諸々懸念の今サイクル調整が終了したことを示唆 ...

  S&P 500は週明けこそは一旦4400台の重さを引っ張る形で下値を試したものの、レンジ内では下値も堅く、週後半は反発して上値を伸ばした。先週の記事は4280 -4450レンジを設定したが、実働は4390で始まり4330 -4475となり少し水準が高いレンジとなった。「本格的な上昇追随 ...

 先週のS&P 500はレンジ内の反発となった。先週の記事では「本格的な上昇追随はやはりこの右肩(S&P 500 4,450, NDX 15,400)のブレイクを待っても遅くはなく、これらの水準の手前は一旦やれやれのリスク整理を行う場に見える」「新たな材料が出てくるまで、一週間レベルで ...

  先週のS&P 500は大がかりな調整が続いた。エバ―グランデ(中国恒大)のニュースは市場参加者に飽きられたものの、一方で週明けから中国の停電によるサプライチェーン寸断の悪化、欧米のガス価格高騰などでスタグフレーション懸念が少し持ち上がり、それに対応する形で株 ...

 先週のS&P 500は先週警戒していた通り一旦荒れたが、一週間以内に地合いを修復している。エバ―グランデ問題のスピルアウトについては確かに月曜は材料視されたが、本ブログでも取り上げたように金融システムや海外への波及がなさそうと分かると2日以内には消化されてしま ...

  ここまでは誰に予想させても同じ予想になっていた予定調和である。本ブログでも先週の記事では「9月も同じパターンになると決め打ちするのはやや安直に思えるが、19日に反転上昇に転ずるかどうかは別として、19日より前にフライングで押し目買いを入れるよりは少なくとも ...

  先週のS&P 500は調整に入った。先週の記事では「(日中株などの)外縁部はともかく米株に関しては雇用統計への反応が今ひとつ整理しきれず素直に上値を追いかけづらい。引続きショートを封印しつつ押し目買いスタンスを続ける形となるか」としていたが、上値を追いかけな ...

   先週のS&P 500もじり高となった。経済指標はISMが少し良くて雇用統計がだいぶ悪く、しかも金利も下がらなかったが、指数は動いていない。指数が動かないのでVIXも上がらない。 ...

  S&P 500は依然じり高が続いている。ジャクソンホールスピーチの前日にはやや調整したが続かなかった。本ブログに至っては先週の予定整理でジャクソンホールについて触れるのも忘れたレベルのイベントだったが、どうも世の中にはまだテーパータントラムになると思っていた ...

↑このページのトップヘ