タグ:テクニカル

   前回の記事の後、KWEB/CWEBは結局8月のレンジ内の推移が続いている。「上で飛び乗るなら違うと思った時はすぐ降りられる態勢を維持すべきであり、飛び乗っておいて違うと思っても損切れないとなると上から下まで持っていかれそうに見える。一方、一直線に下がり続ける ...

 S&P 500は4700を挟んでの展開が続いた。先週の記事では「初押しは買いからの、過去最高値の手前では再びオッズが悪くなりそうであり、再び19日に向けて下落してはじめてストレスなく押し目を買えそう。ただ下落する保証があるわけでもなく例によってそのまま上がり続けた場 ...

  先週のS&P 500は調整が優勢だった。先週の記事では「グッドニュースが二つ続いた金曜の日足は上ヒゲ陰線となっており、4720はレジスタンスであり短期的にはやり尽くした感も漂う。もっともだからと言ってすぐ慣性に逆らってショートを入れると焼かれるリスクが残るのは先 ...

  先週のS&P 500は上値追いの一週間となった。2週連続で押し目買いと言い続けてきたものの結局押し目がやってこなかった。「4535が週足サポートとなり、それすらブレイクされないようでは売りはコールの盛り上がりに焼かれる危険性が引続き高そうである」としていたのだけ ...

 先週のS&P 500はテスラの大型受注から急騰し時価総額が大きく膨らんだのを受けて上値追いセンチメントが煽られた。先週の記事では新高値に売りなしとしていたものの、NAAIMを見て少し調整しないといけないではないかとしていたのは余計だった。週半ばには小さな調整が行わ ...

   先週のS&P 500は結局続伸して過去最高値を更新した。調整が1ヶ月以上かかった割りには戻りは速く、2週間以内に全戻しすることになった。「2週間のレンジを経て4450を上抜けており、9月中旬に始まったスタグフ懸念 +中国発諸々懸念の今サイクル調整が終了したことを示唆 ...

  S&P 500は週明けこそは一旦4400台の重さを引っ張る形で下値を試したものの、レンジ内では下値も堅く、週後半は反発して上値を伸ばした。先週の記事は4280 -4450レンジを設定したが、実働は4390で始まり4330 -4475となり少し水準が高いレンジとなった。「本格的な上昇追随 ...

 先週のS&P 500はレンジ内の反発となった。先週の記事では「本格的な上昇追随はやはりこの右肩(S&P 500 4,450, NDX 15,400)のブレイクを待っても遅くはなく、これらの水準の手前は一旦やれやれのリスク整理を行う場に見える」「新たな材料が出てくるまで、一週間レベルで ...

  先週のS&P 500は大がかりな調整が続いた。エバ―グランデ(中国恒大)のニュースは市場参加者に飽きられたものの、一方で週明けから中国の停電によるサプライチェーン寸断の悪化、欧米のガス価格高騰などでスタグフレーション懸念が少し持ち上がり、それに対応する形で株 ...

 先週のS&P 500は先週警戒していた通り一旦荒れたが、一週間以内に地合いを修復している。エバ―グランデ問題のスピルアウトについては確かに月曜は材料視されたが、本ブログでも取り上げたように金融システムや海外への波及がなさそうと分かると2日以内には消化されてしま ...

↑このページのトップヘ