タグ:米国株

 先週の記事でS&P 500は「短期的には3500 -3650のレンジをイメージすることになるか」としていたが、実働域は3544 -3628とレンジをやや狭めた形となった。ヘッドラインとしては月曜のモデルナ、水曜のファイザーからそれぞれワクチンのニュースが出ているが、どちらも指数の ...

 先週は朝一からファイザーのワクチンのヘッドラインに翻弄された。先週の記事は目線を上に変え「小休止を経て3550をも上にブレイクした場合はVIXによるシステマティック買いの押し出しとシーズナリティから付いて行かざるを得ない」としていたが、週明けから飛び付く機会も ...

 再び相場に翻弄されてしまった。週明けから反発上昇が始まり、大統領選の開票が始まるとまず期日前投票で民主党が全面的に優勢に見え、次に投票所の開票が始まると共に共和党が優勢に転じ、特に金利上昇に繋がるトリプルブルーの可能性が低下するにつれてナスダック先物を ...

 先週のS&P 500は久々に想定レンジを大幅に下回ってしまった。というよりほとんど掠ってすらいない。「3350 -3550レンジが3415 -3550に切り上がりそうであるが、大統領選前は引続きレンジ決め打ちは避けたい。イベントさえ通過さえすればボラティリティは下落しそうであるが ...

 先週のS&P 500はダラダラと米議会の追加経済対策を待ち続ける形となった。「大統領選前の追加財政は〜選挙前に出すには週前半がタイムリミットか」としていたが、月火をすぎてもダラダラと期待が繋がれている。木曜夜(日本時間金曜朝)の第二回討論会も無難に終わり特に目 ...

 先週のS&P 500は続伸から始まった後、バブル銘柄の一角であるFastlyの業績ワーニングに伴う暴落をきっかけに一時調整し、そこから更に反発して引けている。指数全体としては二匹目のドジョウを狙う体制に入っていたのが、結果として8月の史上最高値に近づくにつれてやや勢 ...

  いつもは断片的にしか出回らないDBのポジショニングレポートも今回たくさんネット上に転がっていたので収集してみたい。普段は指数の記事で取り上げるくらいであるが、今回は量が多かったので独立させてみた。 裁量系とシステマティック系を合わせた統合株ポジショニン ...

 先週のS&P 500は全てのヘッドラインを無視してレンジを上に抜けた。一度は追加景気対策を巡る与野党協議の打ち切りにより株は大きく下落したが、大統領選前に通らないだろうと考えていたショート勢の歓喜はぬか喜びに終わった。本ブログも「一方3430レジスタンスも健在であ ...

 先週のS&P 500は3000台でレンジプレイに終始した。先週の記事の「週足のヒゲを素直に信じるなら3200 -3430のレンジを想定することになるか」としていたレンジの上半分での推移となった。「いずれにしても慎重な戻り売りはともかく、イキり立って下でショートを立てると先週 ...

 S&P 500は自重で潰れる形で一時大きく続落したが、週末にかけて反発して週足下ヒゲ陽線となった。先週の記事では「3430が週足レジスタンスとなる。その水準を上にブレイクできない限り、例えば3400に近付くにつれて戻り売りが優勢となりそう。サポートの方は依然200SMAの31 ...

↑このページのトップヘ