タグ:テクニカル

 先週のS&P 500は一直線に反発上昇した。週間を通して6%と2022年で2番目に大幅な上昇となった。先週の記事では「先週の記事は続落懸念全開だったが、それが実現して下が総意になりつつあるようにも見えるので、今更下を叩きたくはない。先週に引続き、淡々と売られるならも ...

 S&P 500はやや予定調和的な続落となった。最大のイベントは日本時間16日早朝のFOMCと考えられていたが、こちらは1994年以来の75bp利上げとなったものの、株式市場の反応は退屈なまでに 「今年のこれまでのFOMCは参加者がフルヘッジで突入するので無事に通過すると一旦は跳 ...

 S&P 500は再び見慣れたような大幅急落となった。5月末のラリーを見て一部ではショートカバーで4300回復を狙う声が根強く、本ブログは最初こそは否定しなかったものの、先々週の週足上ヒゲ陰線を見て逃げ腰になったのは正解だった。週足上ヒゲ陰線のレジスタンス4175は先週 ...

  先週のS&P 500は反発後の高値圏で膠着となった。週明けはさすがにやれやれ売りが優勢、木曜はMSFTの米ドル高に伴う業績予想の下方修正で下を掘ったところを踏み上げる動きとなり大陽線となったが、金曜にはよい雇用統計に伴う金利上昇で木曜を更に否定する形となった。た ...

 S&P 500は大幅に反発し、2001年以来の7週続落がようやく終わった形となる。週間の上げ幅は6.58%と3月の反発局面の上げを超えて2020年以来となった。背景としては米金利の低下、最後の大型決算ダウンサイドが残っていたNVDAの通過、そして先週の記事で取り上げたオプション ...

 先週のS&P 500は更に下落し、週足は前週のヒゲを台無しにする形で実体が長い陰線となった。週前半は上昇が続いたが、小売りのターゲットとウォルマートの決算が滑ったことから指数全体のトレンドがまたしても上がったところから折り曲げられた。 これはインフレが消費者の ...

  先週のS&P 500は下を掘ってから反発している。先週の記事では戻り売り優勢の一方、「ポジショニングは軽いので下を売ってもショートカバーに遭いやすく、一旦上がった方が下げやすい」としており、戻り売り目線で見ると週前半は前日引け対比プラス域があれば全て売り場に ...

   荒れ模様が続いている。先週の記事では「自社株買いで短期的に反転上昇を期待」「シーズナリティとNAAIMは売り持ちの継続を否定」「S&P 500は4310、ナスダックは13010がそれぞれ週足レジスタンス」「先週に続き週足上ヒゲの手前は再びポジション整理の場となるが、ヒゲ ...

   S&P 500は週後半に急速に下落した。週前半の反発は「4月のオプションエクスパイアと4/18の納税期限は済んでおり、イースター明けに自律反発できるかどうか」と取り上げたシーズナリティに従った構図と思われる。その反発幅は本ブログの想定を超え、日足レジスタンスと ...

  イースター前のS&P 500は弱く、前回の記事で「4425 -4600レンジ」と挙げたレンジ下限を中心とした推移となった。「4600手前では更にポジションを圧縮し、4600再突破で2月の「ダブルトップ反発終了」パターンの再現と決別したのを確認して初めて積み直せそう」としていた ...

↑このページのトップヘ