タグ:投資

 先週のS&P 500は引続きグダグダだった。休み前にVIXが20を切ったこともあって週明けからバブル再開との期待もあっただろうが結局上値は伸びるたびに重くなった。もっとも下値を叩いてみても小型株を除いて崩れることもなく、煮え切らない週足陰線となっている。上ヒゲも伸 ...

 先週のS&P 500は指数はグダグダしながらも堅調となった。一度テスラに連れられて調整したものの、週末にかけて高値を取り戻した。調整はややベアトラップの形となり、やはり値ごろ感で売ってはいけない一週間となった。 ...

 先週のS&P 500は前の週の下落の全戻しとなった。先週の記事ではいろいろと思い悩んだが、結局金曜が安値となり、首の皮一枚で繋がった状態から一直線に反発した形となる。大統領選後で最も震度の高い調整であったがそれはあくまでも過去形だった。「週明けで更に下値を更新 ...

 先週のS&P 500は3.3%と大きく下落した。「(VIXショックが起きた2018年との)類似性があまりにも気になるようなら株が国債を大きくアウトパフォームした今月の月末から2月初頭にかけてを見送るのも、結果的に吉と出るか凶と出るかは別としてオッズはよさそうである」として ...

 先週の記事では「大統領選通過後も2%程度の振り落としはちょくちょく来ているため、あまり高いコストで新規ロングを作ると右往左往させられそうに見える」「しかし3630もまだまだ遠く、万が一後で3825の上で買い戻すかどうか迷うことになるのもアホらしいので、細々とした ...

 先週のS&P 500は利食いモードが続き値動きはパッとしなかった。金利上昇が止まらない中やや神経質な値動きが続き、連日の関係者のテーパリング示唆発言の火消しが期待されていたパウエル議長講演は実際に火消しとなったが特にゴルディロックスバブル再開には繋がらず、続い ...

  明けましておめでとうございます。 年末の「閑散に売りなし」としたまま年初に更新せず放置してしまったが昨年末の記事は見事にワークしている。「足元の注目はITバブル再現のための確信犯的な買い上げが続くか、それとも失速して押すな押すなになるかの一事のみであり ...

 S&P 500は月曜に想定以上の下げを演じた。イギリスでコロナウィルスの変異種の感染が拡大したことなどを受けて久々に金利低下・ドル高・米株先物急落の典型的なリスクオフとなった。しかしそれも米国市場がオープンして下を叩く動きが一段落すると押し目買いが優勢となり日 ...

 先週のS&P 500はじり高となった。先週の記事では「FOMCに向けては期待が先行しそうであるが、クレジット周りのファシリティ終了と引き換えに金利・量の方で何らかのアクションがないと失望されやすいように思えつつも、先週末から金利の方の悲壮感がなくなったため金利上昇 ...

 先週のS&P 500は米国の財政協議とBrexit協議という二つの政治的な茶番に振らされる週となった。FBが独禁法違反で提訴されたのをきっかけに週半ばにアウトパフォームしていたナスダックが利食いに押されて崩れ、更にBrexitの悲観的なヘッドラインが下値を叩いたが、日足ベー ...

↑このページのトップヘ