S&P 500は先週の記事で取り上げたレンジを上抜けした。月曜はアップルの景気悪化に備えた採用・支出抑制のヘッドラインを受けてGAFAM中心に一度売り込まれたが、火曜には即座に反発し、押し目で買い戻したい参加者の存在を目立たせた。先々週からのガソリンを含む物価ピ ...