タグ:BofA

 S&P 500は何の疑念もなく続伸となった。先週の記事では「先週安値の4104は新たにサポートとなる。安易な値ごろ感ショートは引続き危険であり、週半ばまでに調整があれば4104を背に押し目買いを進めていけるだろう。議会採決と重なる月末に向けてMtdで債券を大きくアウトパ ...

 先週のS&P 500は小動きとなった。CPIもPPIもディスインフレーションとなったが指数は目立った反応を見せなかった。基本的に毎日時間外で指数先物は堅調であり、NY市場がオープンすると売り込まれ、引け近辺にかけて中途半端に買い戻されてきた。これは複数の日足下ヒゲにな ...

  先週のS&P 500は押し目を作った週間となった。4150ピンから離れた指数は一度4050まで下落し、そこから反発した。先週の記事で述べたようにショートの方がエントリーは分かりやすく、代わりに値幅は出なかった。「4月前半ほどにはショートはリスキーではなくなっていると ...

 今年に入ってから0DTEがバズワードになっており、指数や個別株の変動のドライバーとしてマーケットニュースでちょくちょく登場するようになっている。0DTEとは"zero-Day-To-Expiration"であり、一般的に24時間以内にエクスパイアする超短期のオプションを指す。昨年の記事 ...

  S&P 500は日替わりでそれなりに上下動したが週間を通しては地味なじり高となった。先週の記事では「4070は日足ベースの軽いサポートとなるが、もし週明け4070を割ったら続落リスクが高まる」としていたが月曜早速下落して始まり、かろうじて首の皮一枚で4070は守られたた ...

 先週のS&P 500は棒上げとなった。世間ではリーマン・モーメントへの恐怖が優勢だったようだが、先週の記事では「一週間でこれだけのヘッドラインをこなしても大して動かなかったのはポジティブである。ショートサイドはこれだけの欧州時間発リスクオフ・ヘッドラインを当て ...

 S&P 500はイベントフルな一週間を小動きで通過した。基本的にはAT1界隈のリスクセンチメントを眺めながらであったが、前半は地銀問題の後処理のヘッドラインも少し流れた。UBSによるCSの買収成功は株式にとっては不確実性剥落のグッドニュースであり、その後のグダグダは後 ...

 先週のS&P 500は大幅下落となった。先週の記事では「バリュエーションとしては話にならない」「上値は4100台が徐々に重くなってくるだろう。少なくとも上下のリスクバランスがここまで悪化するとレバレッジは残すべきではない」「木曜以降の買戻しの鈍さはシステマティック ...

 先週のS&P 500は行って来いとなった。「金曜は金利上昇を無視してS&P 500だけが上がっているので週前半は調整しやすそうに見えるし、過去もOp ex直前の週が最もリターンが悪かったので多少の押しがあっても、3800~3875が守られる限り驚くべきではない」としていたが、週半 ...

 S&P 500は続落した後、ナスダックをアンダーパフォームに残しつつ長い下ヒゲを出して反発した。週明けは前回の記事で述べた「木曜のこれまでの堅調地合いを台無しにした2%超えの下落は「翌日が小十字に近くなり、底打ちになるのが早くて3日目」パターン」が続いて下値を試 ...

↑このページのトップヘ