タグ:BofA

 S&P 500は上下に忙しい週間になった。スーパーチューズデーや雇用統計を控えて週明けから上値が重く、更にAMDの中国向けAI半導体輸出が米国政府の介入に直面しているとのヘッドラインで時間外からナスダックが売り込まれたが、先週の記事で名指しした5057サポートでピタリ ...

  先週のS&P 500は主にマクロに振り回された。月曜は薄い中半導体主導で一度上値を伸ばしたがCPI警戒に押されて失速した。火曜寄付き前に発表された強いCPIを受けて大きくアンチ・ゴルディロックスとなった。もっともその後は半導体を中心に反発し、木曜には再び過去最高値 ...

  S&P 500は静かに続伸している。サンクスギビングが明けても大きな動きは見られなかった。中身はGAFAMが弱く、それまで売られていた小型株中心のラリーとなった。ダウも大幅に上値を伸ばした。ISMなど経済指標は弱く、金利低下幅ほどには指数が上がらなかった気もするもの ...

 S&P 500は週足で2本目の上ヒゲ陰線となった。週明けこそビル・アックマンの債券ショートカバーのツイートで金利が低下したことを受けて株式も買われ、翌日も重要な決算を前に堅調だったのだが、S&P 500は4260、ナスダックでは13200あたりで頭打ちになった。先週の記事では ...

 0DTEについて述べた前回の記事では、0DTEのアクティビティは「安寄りした日の前日比フラットまでのコール押し目買い」が目立っており、それは低Volレジームの自己実現に寄与するのではないかと述べてきた。「ボルマゲドン "Volmageddon"」を警戒する必要性は軽視を宣言した ...

 S&P 500は一度反発したものの上値の重さを再確認した形になった。特にナスダックは重く、ナスダックの投資家はシーズナリティを気にする必要があった。アップルの新製品発表会は叩かれがちであるし、9月のOp Exも過去パフォーマンスが最悪だった。S&P 500自体で見るとディ ...

 S&P 500は一週間で大幅に反転上昇した。JOLTSの順調な減速を確認したのがきっかけになった。もっとも週間を通して金利が低下したわけでもないが、とにかく株式は反転した。先週の記事では引続き4328を分水嶺に挙げつつ、サポートとしては健在であり、Volコントロールの売り ...

 S&P 500は続落となった。先週の記事では「4600を超えたらまた付いていくつもりで4500台ではリスクを落とした方が安全に見える。少なくともドローダウンに耐えられないレバレッジは落としておいた方がよさそうである」としてたが、果たして2度見られた4500台はそれぞれ売り ...

   先週はイベントフルの週となった割りには、ただのやや上ヒゲを残したじり高となった。先週の記事では「基本的には水準よりも、ダウンサイドの方が大きそうに見えてきた決算や中銀イベントのタイミングを回避する方が大事になりそうである。もっとも月末まで通過したら ...

 S&P 500は前回の記事の想定よりも遥かに堅調で、「何事もなかったかのように」4440を通過して上値を伸ばした。インフレが話題にならなくなる中でCPIは順調にディスインフレーションが進んでいるためイベント通過のリスクオンとなった。その後は出遅れていたセクターを中心 ...

↑このページのトップヘ