タグ:ERP

 直近の株式指数の値動きを最も綺麗に説明する切り口の一つが「S&P 500の債券化」であることに異論は既に少ないだろう。S&P 500のフォワードEPSから計算される益回り(フォワードPERの逆数)と10年国債利回りを比較したエクイティ・リスクプレミアム(ERP)はGFC後の全ての ...

 S&P 500は一度下押しした後に棒上げとなった。先週の記事では「4340では金曜に一度付けて跳ね返ったもののまだ明確に離れていない。木曜の偽底打ちや金曜高値が集まる4365 -4390近辺は日足で重そうに見える一方、従前通り4300 -4320は買戻しが優勢になりそうに見える。6月 ...

 先週のS&P 500はその前の数週間と同じリズムになった。週前半に売られ後半に買い直されたのである。先週の記事では「週足は2本目の下ヒゲ陽線となり4165までサポートが上がってくる。このサポートが守られる限り上昇トレンドは続いており、上値はチャートからは引続きオー ...

 S&P 500はレンジが続いている。前回の記事では「4000近辺 -4175のレンジ感が強まるか」「売り場が分かりやすくなる代わりに売っても値幅が出づらくなるか」としていたが大体そんな感じである。14日のCPIについては「やや上振れしやすい流れになっており、少なくとも高値圏 ...

 明けましておめでとうございます。年明けのS&P 500は強いJOLTSやADPを受けてしばらくラージテックで下値を叩き続けていたが、金曜になって弱い雇用統計と弱いISMサービス業景況感指数で金利が一段と低下するにつれて大幅に反発した。年末の記事では「週足は陽線にはならな ...

 先週のS&P 500は一直線に反落した。大したヘッドラインはなかったものの、金利低下にもかかわらずS&P 500はダラダラと下げ続けており、どうもデフレーショナリーな値動きに見える。ISMが悪かったのを引きずっているのか、そうだとすれば今までグッドニュースがバッドニュー ...

  先週のS&P 500は棒上げになった。先週の記事はやや歯切れが悪いものとなっており、3700 -3910レンジを挙げていたが、週前半は3850まで上昇した後に中間選挙を受けて一旦3750まで反落し、そこからCPIを受けて更に上に飛び、そのままレンジを上に抜けた。3700 -3910レンジ ...

↑このページのトップヘ