タグ:FMS

 S&P 500は引続き材料難の中でじり高となった。マクロ指標しかない中、PPIとCPI、小売をそれぞれ無難に通過したことで懸念剥落と共にゴルディロックス気味の指数上昇となった。前回の記事では5010 -5240のレンジ内でどこまで安く押し目を拾えるか、としていたがほとんど押し ...

 長期金利の上昇がようやく効いてS&P 500は3週連続で下落となった。中でもナスダックの下げはきつく、2022年11月以来の下げとなった。要因としては地政学リスク、金利上昇、決算、決算期のブラックアウト、そしてポジショニングの悪さによる機械の逆回転が挙げられるだろう ...

 先週のS&P 500は行って来いとなった。「金曜は金利上昇を無視してS&P 500だけが上がっているので週前半は調整しやすそうに見えるし、過去もOp ex直前の週が最もリターンが悪かったので多少の押しがあっても、3800~3875が守られる限り驚くべきではない」としていたが、週半 ...

 先週のS&P 500は米国PPIやポーランド領へのミサイル落下などのヘッドラインをこなして小動きとなった。先週の記事で述べた「CPIを受けて近い将来に再び急落して下値を更新するリスクは急速に剥落した。しかし上げも急速で雑なものだったのでS&P 500の3740にしろ、ナスダッ ...

 先週のS&P 500は堅調地合いとなった。決算としてはテスラが滑ったが指数にはあまり影響がなく、またSNAPが毎回ながら決算で滑って広告業界を引き連れて急落したものの、前回それがGAFAM決算跨ぎチャンスを提供してくれていたのだが、こちらのインパクトも1日で終わった。本 ...

 先週のS&P 500は一転して反落した。これまでのラリーを火曜に発表された米国CPIに台無しにされてしまった。先週の記事では「マクロイベントはCPI、FOMCが続くが「2つの75」のクリアで前倒しで通過したと見なしてよいだろう」としていたが致命的なまでに誤りであった。前回 ...

  S&P 500は先週の記事で取り上げたレンジを上抜けした。月曜はアップルの景気悪化に備えた採用・支出抑制のヘッドラインを受けてGAFAM中心に一度売り込まれたが、火曜には即座に反発し、押し目で買い戻したい参加者の存在を目立たせた。先々週からのガソリンを含む物価ピ ...

  イースター前のS&P 500は弱く、前回の記事で「4425 -4600レンジ」と挙げたレンジ下限を中心とした推移となった。「4600手前では更にポジションを圧縮し、4600再突破で2月の「ダブルトップ反発終了」パターンの再現と決別したのを確認して初めて積み直せそう」としていた ...

  先週のS&P 500は引続き弱かった。警戒されていた1月FOMC議事録はサプライズなしで通過したものの、週を通してウクライナ関係のヘッドラインに振らされた。「マクロのヘッドラインは悪いニュースばかりがいつまでも続くわけではない」としていたように週初めには全面的な ...

↑このページのトップヘ