タグ:Factset

 S&P 500はひたすらNVDA決算に注目する週となった。週前半はヘッジが入るでもなくフライングするわけでもなく狭いレンジでの推移となった。先週の記事で触れた5325の日足レジスタンスは意識されず、連日ザラ場ベース、引け値ベースの高値更新が続いた。 NVDA決算は当然のよ ...

 S&P 500は再びじり高になった。週前半はテック優勢ながらも指数としては小動きだったが、木曜には30年入札が滑ったことで分かりやすいタイミングでクラッシュ、「金利が上がって株がクラッシュする」キャンプがにわかに元気付いたが、下手に一旦売りやすくなった後は逆にシ ...

 先週はマクロの週となったが、ディスインフレーショナリーな指標群が大幅なショートカバーを招いた。週明けは日銀の政策変更のリークが再び流れてS&P 500も一度小さな穴を掘ったが概ね静かだった。水曜発表のISM製造業はド滑りし、それを受けて長期金利が5%近辺から離れて ...

 S&P 500は週足で2本目の上ヒゲ陰線となった。週明けこそビル・アックマンの債券ショートカバーのツイートで金利が低下したことを受けて株式も買われ、翌日も重要な決算を前に堅調だったのだが、S&P 500は4260、ナスダックでは13200あたりで頭打ちになった。先週の記事では ...

 S&P 500は一週間で大幅に反転上昇した。JOLTSの順調な減速を確認したのがきっかけになった。もっとも週間を通して金利が低下したわけでもないが、とにかく株式は反転した。先週の記事では引続き4328を分水嶺に挙げつつ、サポートとしては健在であり、Volコントロールの売り ...

 先週のS&P 500はイメージの逆で上げてから下げた。さすがに週足陽線の次は陰線というのは安直すぎた。レジスタンスとしていた4527をあっけなく突破し、4600近辺まで伸びた後にナスダック銘柄を中心に反落した。水曜の引け後はNFLXとTSLAの決算が滑った。更にTSMCが見通しを ...

  先週のS&P 500は押し目を作った週間となった。4150ピンから離れた指数は一度4050まで下落し、そこから反発した。先週の記事で述べたようにショートの方がエントリーは分かりやすく、代わりに値幅は出なかった。「4月前半ほどにはショートはリスキーではなくなっていると ...

  S&P 500は日替わりでそれなりに上下動したが週間を通しては地味なじり高となった。先週の記事では「4070は日足ベースの軽いサポートとなるが、もし週明け4070を割ったら続落リスクが高まる」としていたが月曜早速下落して始まり、かろうじて首の皮一枚で4070は守られたた ...

 先週のS&P 500は下げてから反発した。製造業ISMは数字としてはほとんど反発しなかったが、支払い価格の上昇がインフレ―ショナリーと解釈されて債券と株式はダブル安となった。更に労働コストが上方修正されたのもインフレ―ショナリーであったが、下を叩く動きはそこまで ...

 先週のS&P 500は大幅下落となった。先週の記事では「バリュエーションとしては話にならない」「上値は4100台が徐々に重くなってくるだろう。少なくとも上下のリスクバランスがここまで悪化するとレバレッジは残すべきではない」「木曜以降の買戻しの鈍さはシステマティック ...

↑このページのトップヘ